誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 効果的な職場復帰支援プログラム

    仕事柄、メンタルヘルス対策について、お客様と話す機会があるのですが、
    困っておられる企業は本当に多いですね。

    私はメンタルヘルス対策の中でも、予防教育や職場環境改善という領域で、
    支援をさせていただいておりますが、現在の企業が抱える問題の多くは、
    職場復帰支援が中心であります。

    先日、そうした問題の解決にご尽力されている、メディカルケア虎ノ門
    五十嵐良雄 理事長の講演を拝聴しました。

    メディカルケア虎ノ門では、メンタルヘルス不全による休職者に対して、
    効果の高い復帰支援プログラム(リワークプログラム)を提供されています。


    厚生労働省によると、うつ病や躁うつ病などの気分障害患者数は、
    近年、増加傾向にあります。

    1999年:44.1万人 2002年:71.1万人
    2005年:92.4万人 2008年:104.1万人

    なぜ、これほどまでに増加しているのでしょうか?
    理由は主に2つあるのではないかと思います。

    1.うつ病への認知度が高まり、医療機関への受診がしやすくなった

    医療機関、政府、製薬会社などによって、うつ病の認知度を高める広報が
    展開されています。

    CMや電車の中吊り広告などを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

    これによって、これまでは受診するほどの症状ではなかった人までもが、
    医療機関へ訪れるようになったと考えられます。

    うつ病への認知が高まると、
    落ち込むことが多く、眠りにくい日が続いただけで、

    「もしからしたら、うつかも・・・?」

    と考えようになる人が増えるでしょう。

    早期発見は重要なのですが、病気を過剰に意識しすぎると、自分を
    うつ病であると思い込んで、医療機関を受診するケースが増えるはずです。

    うつ病を含む気分障害は、問診ですから、本人がうつ症状を訴える以上、
    主治医が「あなたは病気ではない」と反論することは、
    かなり難しいのではないかと思います。

    五十嵐理事長によると、実際、自分をうつ病と決め付けて、
    受診するケースが増えているそうです。


    2.治療の難易度が高くなった

    こちらは、五十嵐理事長もお話されておりましたが、従来のうつ病とは
    特徴が異なり、しかもそのタイプが多様化しているそうです。

    そのため、経験豊富な医師でも病気を正しく診断することが困難に
    なっており、誤った診断をすれば、治療方法も誤るわけで、
    一向に病状が快方に向かわないこともあります。

    さらに、これまではメンタルヘルス不全患者に対する治療は、
    投薬と休養であったのですが、これだけでは改善されない患者が
    出てきていることも大きな問題です。


    このように増加傾向にある気分障害患者の職場復帰を支援するプログラムに、
    リワークプログラムと呼ばれるものがあります。

    大手企業を中心に、試し出勤(リハビリ出勤)制度が導入されていますが、
    リワークプログラムでは、専門施設で職場復帰準備に向けた段階的な
    プログラムが用意されています。

    メディカルケア虎ノ門でのリワークプログラムでは、
    患者が、職場での日常生活に適応できるような心身状態を
    “徐々に”つくっていくようなケアをされています。

    そのため、プログラムでは、通院日数や頻度を増やしながら、
    一般的なオフィス環境と類似した部屋で、デスクワークを行います。

    そのほかにも、身体を動かすためのアクティビティや
    グループワークなどのコミュニケーション訓練も用意されています。

    リワーク・カレッジ」という名称で提供されています。

    リワーク・カレッジ


    五十嵐理事長によると、
    患者には、主に2つのことを理解していただくようにしているそうです。

    ・自分の病気を理解すること
    ・休職に至った理由を理解すること

    当然、これらの理解促進のためのコンテンツもプログラムに含まれています。

    患者が、これらを理解することによって、なぜ薬を飲み続けることは
    大切であるか納得できるため、投薬治療も継続されます。

    その結果、症状が改善していくというサイクルを生み出す狙いがあります。

    病気や休職理由も含めて、自分を見つめ直し、ストレス対処の観点から
    他者とのコミュニケーションを強化していくことで、スムーズな職場復帰を
    果たし、再発を防ごうとする。

    これまでにたくさんの方が職場復帰を果たされており、再発率も低下している
    プログラムであるとのことですから、素晴らしいですね。


    五十嵐理事長は、このようなリワークプログラムを提供する
    医療機関を集めた研究会も設立されております。

    全国の医療機関が会員となっていますので、職場復帰支援
    お困りの企業は、是非ご覧ください。

    うつ病リワーク研究会

     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス 組織風土 職場復帰支援 リワークプログラム

    簡単に明るい気持ちになる方法

    先日、知人から教えていただいた
    「簡単に明るい気持ちになる方法」をご紹介します。

    その方は、集中したいときや明るい気持ちで仕事に取り組みたいときには、
    その前に、いつもある写真を眺めるそうです。

    それは、その方がご家族と旅行に行ったときの写真なのですが、
    その旅行がとても楽しかったらしく、本当に良い思い出になっているようです。

    「写真を見るだけで楽しかった旅行を思い出して、なんだか良い気分になるんですよ」
    と、にこやかな笑顔で話されていました。

    心理学の世界では、前向きな言葉が書かれている紙を数分間眺めているだけで、
    ポジティブで明るい気持ちになることが分かっているそうです。

    逆に、後向きな言葉が書かれている紙を数分間眺めていると、
    ネガティブで暗い気持ちになるそうです。

    言葉であれ、写真であれ、自分が明るい気持ちになれるきっかけがあれば、
    何でも良いのでしょうね。

    人の感情がどのように発生するかについて、考えてみますと、下記のような流れで
    表すことができるのではないでしょうか。

    情報(出来事) → 認識(イメージ) → 感情

    感情から逆算してみると、明るい気持ちになるためには、前向きに
    捉えることができればいいわけです。

    そして、前向きなイメージを持つためには、自分が前向きになれる情報が
    あれば良いということになります。

    自分がポジティブになれる情報を持ち歩いておくと、好きなタイミングで
    明るい気持ちになれますね。

    これは、簡単で誰でもすぐできますから、私もすぐに実践します。
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルマネジメント ストレスマネジメント

    ストレス耐性を見抜く面接

    ストレス状態に対する強さを表す言葉に、ストレス耐性とか
    メンタルタフネスといった言葉があります。

    こうした言葉を見聞きする機会が増えている背景には、
    職場のメンタルヘルス問題があると考えられます。

    近年、このメンタルヘルス問題に対して、対策を打つ企業が増えてきました。

    それでも、現状は、三次予防領域である職場復帰支援や再発防止への対策が
    中心となっていますが、思うような効果を挙げられている企業は、
    それほど多くありません。

    こうした対策に追われる一方、経営層や人事の方から採用選考時に
    ストレス耐性の強さをチェックできないかというご相談が増えております。

    選考段階で自社の職場のストレスに耐えられそうかチェックしておきたいという
    心情はよく分かります。

    自社の職場のストレス診断は可能ですが、それが応募者にとって、
    耐えうるものか否かは、実際に入社してみないと分かりません。

    ただし、その応募者のストレス耐性が弱いかどうかというチェックは、可能です。
    そういった類の適性テストもあります。

    私が提唱しているのは、面接やグループディスカッションを活用して、
    応募者の思考パターンを探ることで、ストレス耐性をチェックする手法です。

    ストレス耐性が弱い人材の思考パターンをいつくかご紹介します。

    ・自分はこういう人間だとレッテルを貼る

    ・良い点は小さく見積もり、悪い点を過大に評価する

    ・自分がこうだと思ったら、現実もこうだと思い込む

    ・何をするにも、「こうあるべき」といった厳しい基準を設けている

    他にもまだありますが、このあたりにしておきます。

    面接では、いくつかの質問を使って、応募者の思考パターンを調べていきます。

    どのような質問かご興味のある方は、11/29(月)にセミナー(無料)をやりますので、
    よろしければ、ご参加ください。

    参加予約はこちらから
    面接官トレーニング! 無料体験セミナー(ストレス耐性を回答で見抜く面接法)
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : ストレス耐性 面接 メンタルヘルス 採用

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。