誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

人生はチョコレート箱

「人生はチョコレート箱のようなもの」

ご存じの方も多いでしょう。
映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」で主人公フォレスト・ガンプの母が
彼に伝えていた言葉です。

「人生はチョコレート箱のようなもの。
開けてみるまで何が入っているか分からない。」

本当に、人生は何が起こるか分からないものですよね。

私は、この言葉に対して、もう一つ別の解釈をしています。

チョコレートの箱を上から見るか、下から見るか。
あるいは、横から見るか、斜めから見るか。

どこから見るかによって、見え方が違うものです。

どのように見るかで、自らの人生の捉え方が
大きく変わるのではないでしょうか。

人生を例にすると、いささか漠然としていますので、
職場の出来事で考えてみましょう。


新しく配属された部下は、二ヶ月ほど前から母親を
介護しなければならなくなったため、仕事が遅れ気味になっていました。

そのことについて、上司はこう思っていました。

「介護で大変だとは思うが、担当させている仕事が滞るのは困るな。
正直なところ介護経験がないので、その大変さは分からない。」

さて、ここであなたが上司ならどのように思いますか?

1.介護問題を抱える部下の面倒をみるのは、正直大変だから、
こういう問題のない部下を配置してくれないかな。

2.様々な悩みや問題を抱えた部下を持つことは、正直大変だけど、
自分のマネジメント力を高めるチャンスかもしれない。


1の場合なら、何かと理由をつけて、この部下を異動させるべく、
人事に働きかけることもするでしょう。

それでも事態が変わらないようなら、イライラしながら日々を
過ごすことになるかもしれません。

2の場合なら、苦労すると思いますが、介護問題を抱える部下を
もっと理解することができるかもしれません。

また将来、別の部下が介護問題を抱えたとしても、慌てることや、
イライラすることは少なくなるでしょう。

私は、2のように考えてくださいと言いたいわけでも、
何でもポジティブに考えるべきと言っているのでもありません。

事実や出来事に対する見え方や捉え方が変われば、
感情や行動も変わるということを知って欲しいのです。

不安や悩みが大きくなって、ストレスが増加してくると、目の前の
出来事を単一的に、また近視眼的に見てしまう傾向があります。

そのような時こそ、チョコレートの箱を下から
覗いてみてはいかがでしょうか?

きっと違うものが見えると思いますよ。
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : フォレスト・ガンプ マネジメント

ポストのない40代以上の活性化

先日、名優ジャック・ニコルソン主演の「アバウト・シュミット」を観ました。

定年退職によって、自らの存在意義を見失い苦悩するところに、妻との死別や
結婚による子供の独立など、社会的な帰属や家庭への帰属を突如失います。

定年退職を迎えた多くのサラリーマンが遭遇する悲哀を
ジャック・ニコルソンが存在感たっぷりでコミカルに演じていました。

人生の終末を意識し始めると、アイデンティについて考え直す人は多いようです。

エリクソンは、「幼児期と社会」の中で、人間の精神的発達を8段階に分けて
考察していますが、ジャック・ニコルソンが置かれた状況は、
その7段階目にあたる状態に見えました。

彼は、定年退職後に自らのアイデンティティに悩み、恵まれない地域の
子供に対して金銭的援助を始めます。

映画では、会ったこともないその子供への手紙を書き綴っていくことを通して、
彼のアイデンティに関する苦悩を描いています。

エリクソンは、この7段階目をGenerativity(ジェネラティビティ)と
名づけています。

これは、Generate(生み出す)という言葉からの造語で、人間が初めて、
自分だけへの関心から次世代への関与に移り変わる段階を指しています。

つまり、自分のために行っていたことから、後進のために何を提供できるかを考え、
実践していくことを通じて、社会に貢献する段階です。

ある一定の年代に差し掛かると、自分が培った経験やスキルを後進に伝えたいと
思うようになることは、多くの方が共感されるところではないでしょうか。

実際、私が知る40代以上の方々も、程度の差はあれ、
自らの経験を基に後進に何か価値あるものを残したいと話しておられます。

ただし、その何かがまだ分からないというのが現状のようです。

多くの企業において、打ち止めとなった40代以上の従業員を
どのように活性化させるかは、大きな課題であります。

ジェネラティビティという概念を考慮すれば、なれる可能性の低い上のポストを
目指すのではなく、後進に価値ある何かを残すというように、
仕事に取り組む目的や意義を変えさせることが、活性化のキーではないでしょうか。
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : ジェネラティビティ

シャネル創業者に学ぶ思考スタイル

「皆殺しの天使」と呼ばれていたココ・シャネル
あのシャネルの創業者です。

旧態依然としたものを壊していく姿勢から、
そう呼ばれるようになったそうです。

例えば、喪に服す以外に着ることはなかった黒を初めてドレスに取り入れ、
日常のファッションにしました。

また、高価なアクセサリーを男性からいかに多く身につけさせてもらえるかが、
女性のステータスと考えられていた時代に、イミテーションジュエリーを
発表し、ファッションに対する新しい価値観を打ち出しました。

彼女が手がけたこのような商品は、大ヒットし、
世間に大きな影響を与えました。

そのため、シャネルの商品を模倣して売り出す人達が現れました。
普通なら、大激怒しそうなシーンですが、彼女は違ったのです。

「私が作った商品を、世の中の人達が、本当に欲しがっている証拠である」
と考え、模倣されることを大いに喜んだそうです。

このような様々な型破りの行動の裏には、一貫した思考が
存在していたのではないでしょうか。

ひとことで言うと、多くの人の捉え方とは、逆の捉え方をしていたことです。

黒い服は、喪に服すための服と捉えなかったからこそ、
ファッションとしての黒い服が生まれたわけです。

女性のステータスは、高価なアクセサリーで決まる。

それはすなわち付き合う男性によって決まるという捉え方ではなく、
自立した女性こそステータスが高いと捉えたからこそ、女性が自由に
買えるようにと、イミテーションジュエリーが生まれたわけです。

彼女が残した実績や生き方は、物事の捉え方を変えることによって、
行動が大きく変わることを示しています。

周りの人と同じように物事を捉えていると、安心はできるかもしれませんが、
行動も人と似たようなものになりますから、身の回りに素晴らしい変化が
起こることは期待できないでしょう。

そして、この物事の捉え方というのは、トレーニングによって
変えることができます。

私はこのトレーニング手法をセミナーや研修を通して提供しています。

つまり、誰にでもチャンスはあるということです。

彼女の生き方から学ぶことは、現代にも通用すると思いますので、
シャネルというブランドに興味がない方にも、下記はオススメです。

【 参考資料 】
「ココ・アヴァン・シャネル特別版」

「シャネル 最強ブランドの秘密」
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : シャネル メンタルマネジメント イノベーション

関連記事

Loading


検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR