誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

リフレーミングとコーチング

NLP(神経言語プログラム)の中に、
リフレーミング(reframing)という考え方があります。

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で
捉えられている物事の枠組みを外して、違う枠組みで見るということです。

同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、ある角度で見ると良くなり、
別の角度から見ると、悪くなったりします。

ペットボトルにお茶が半分ほどあるときに、

「あと半分しか残っていない」
「まだ半分も残っている」

どう思うかは、捉え方によって異なります。

メンタルヘルス教育における、ストレス対処方法についても、
こうした考え方が活用されています。


以前、ある人から転職の相談を受けました。
転職したい理由を聞いてみると、「仕事がうまくいかないから」と言うのです。

「なるほど。ところで、あなたは何のために仕事をしているのですか?」
「生活していくためです。」
「それだけですか?」
「もちろん、他にもあります。自分が成長したいからです。」

「では、成長していくためにはどんなことが必要なんでしょうね。
キーワードで考えてみませんか?書き出してみましょう。」

「そうですね」と言って、彼は書き出し始めました。

<成長に必要なもの>
知識
経験
チャンス
人脈
気づき
苦労
変化
意欲
素直さ
・・・・

たくさん書き出してくれました。

「今やっている仕事では、成長に必要なものを手に入れられないのですか?」

彼の表情が変わりました。

うまくいっていない仕事も、知識や経験であり、苦労の一つです。

また、うまくいくように改善していくことは、変化していくことですから、
彼が必要としているものは、現在の仕事でたくさん得られていることに
気づいたようです。

物事をどう捉えるかで、感じ方が変わります。
感じ方が変わると、行動に変化が生じ、結果にも影響を及ぼします。

もし、彼の上司がリフレーミングを知っていて、コーチングスキルがあれば、
彼の相談に乗れていたのでしょう。

そう考えると、先述の成長に必要なものとして、
『上司の存在』を追加することができます。
関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : メンタルヘルス キャリア形成

関連記事

Loading


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR