誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • メンタルヘルス教育のあり方

    技術や一般的なビジネススキルは、学習や経験によって高められることを多くの人が
    認めています。

    しかし、ストレス耐性や自信の低下などのメンタルな問題については、
    生まれつきであると捉えられがちです。

    例えば、うつ病はハートが弱い人がなりやすいという誤解などです。

    なぜでしょうか?

    一般的なビジネススキルは、その向上度が比較的目に見えやすいものです。
    できなかったことができるようになったり、遂行するスピードが上がったりします。

    一方、メンタル面の向上は、自分では気づくことができたとしても、目に見えないため、
    周囲からは、分かりにくいものです。

    また、世の中の大勢の人々は、メンタルな問題と生産性には関連がないという思い込みが
    あるのかもしれません。


    プロスポーツ選手の中には、自分の精神状態をコントロールすることによって、
    常に高いパフォーマンスを発揮することができる人がいます。

    そういう人は、特殊なタイプと見なされる傾向があるようです。

    しかし、彼らからすると、メンタルコントロールは、訓練によって向上させられると
    捉えているのではないかと思うのです。

    だからこそ、一流の選手は技術を磨くこと同様に、メンタルコントロールの向上に
    時間を投下しているのではないでしょうか。

    実際、スポーツ心理学の分野では、訓練によって、メンタルコントロール力を
    高めることができ、それによって、さらに高いパフォーマンスを
    発揮することができると考えられています。

    そう考えると、メンタルコントロールもビジネススキルの一つであると言えます。

    メンタルヘルス研修の多くは、予防に力点を置いた保健の領域を出ないため、
    経営側からすると、消極的な投資になっているのではないでしょうか?

    そうではなく、メンタルヘルス研修を『メンタルコントロールの向上』を
    目的とするように、発想を転換すれば、生産性の向上に繋がる投資なのですから、
    経営側にとっても積極的に検討する事項になると思います。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス 生産性

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。