誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.1

    【出会いたい学生像を考える】

    2010年卒対象の採用活動は、序盤戦を終えようとしておりますが、
    学生の就職観としては「昨年の先輩たちのようにはいかず、厳しくなるのでは」という心理が大きいようで、それを反映するかのように、就職サイトの会員登録数や合同企業説明会の参加者数は、昨年同時期比より増加しております。

    中小企業においては、年明けからの合同企業説明会や大学主催の学内セミナーへ参加されることも多いのではないでしょうか?
    そこで、本日からは『 中小企業のための合同企業説明会の心得 』と題しまして、下記のようなシリーズでお届けしたいと思います。

    1.出会いたい学生像を考える(再確認する)
    2.パンフレット原稿を工夫する
    3.興味を惹く空間づくりを
    4.むやみに勧誘しない
    5.話しすぎに注意
    6.出会った学生の特徴、印象などを控えておく(リマインド効果)


    【出会いたい学生像を考える】
    なぜ合同企業説明会に参加されるのですか?と質問すると、
    「一人でも多くの優秀な学生と出会うためです」と答えられる採用担当者がいます。
    だから、できるだけ多くの回数・場所で学生との接点を持つため、合同企業説明会に参加する。非常によく分かります。

    ~多くの学生と会うことがゴールになっていませんか?~

    私の前職時代の話ですが、合同企業説明会が終了した直後、採用担当者に感想を伺うと、
    「もう少し多くの学生と出会えることを期待していた」
    「今日は、合計○○人と出会えたので昨年より多くて満足です」
    などの声をよく耳にしました。
    確かに、出会えた学生数というのは、採用担当者にとっては大いに気になるものです。

    ですが、もう一度、合同企業説明会に参加する目的を考えていただきたいのです。
    ここで改めて、合同企業説明会のメリットについて考えてみましょう。

    ~合同企業説明会のメリット~

    第一に、学生と対面で話ができます。
    相手(学生)の自社に対する理解状況に応じて、話を進めることができます。
    また、自社の印象を向上させるチャンスが大いにあります。

    第二に、偶然の出会いが期待できます。
    学生の就職活動が、情報誌などの紙媒体からインターネット主流になってからは、
    検索→発見→興味→エントリーという構図が出来上がりました。これによって、偶然の出会いが極端に減少しました。

    合同企業説明会に参加する学生の中には、自分の知らなかった企業に出会いたいと考える人も多いので、これが偶然の出会いを生むチャンスとなります。

    合同企業説明会のメリットを考慮した上で、再度、自社が参加する目的について考えていただきたいと思います。

    本当に出会いたい学生像を明確にしておくことで、1日を終えたときの振り返りにおいて、『あの学生とは、再度コンタクトを取りたい』ということが頭に浮かびます。

    そうすると、
    そのために何をすればよいか?
    どうすれば、再度自社に来てくれるだろうか?
    などについて考えるようになります。

    彼(彼女)は、○○なタイプだったから、こういう話に興味を持つかもしれない。ブース訪問時の会話で、○○○について詳しく知りたいと言っていたから、メールで詳細を説明してみようか?など、色々な対策を考えるようになります。

    本当に会いたいと思わなければ、後の対策(どのようにして再度来社させるか)まで考えることはないでしょう。再度会いたいと思えるかどうかは、学生の優秀さ(採用担当者が優秀であると感じる)に起因するだけではなく、自社が会いたいと考えていた学生像とマッチしていたかどうか、ということにも関係します。

    出会いたい学生像が明確にならない場合は、こう考えてみてはいかがでしょうか。

    『どんな学生なら、また会いたいと思いますか?』

    箇条書きでも良いので、リストアップしてみることをお勧め致します。
    合同企業説明会に参加する前に、会いたい学生像を明確にしておくことによって、次回以降にお伝えする心得にも良い影響を与えることができます。

    真の目的を失うと、出会う学生数ばかりが優先され、自社ブースに来た学生の対応を誤ることもしばしば見受けられます。回転率(自社ブースでの学生の滞留時間)を上げるために、自社説明を端的に実施してしまい、質疑応答もそこそこに、学生を追い出し、後ろで順番を待っている学生達と入れ替えてしまいます。
    『ブース訪問カードを提出していただいた方はエントリー扱いになりますので、忘れずに提出してください』と、大声で叫ぶ採用担当者もいました。

    逆に、待ちぼうけが長くて、ようやく自社ブースに学生が来たかと思うと、必要以上に長々と話をしてしまう採用担当者もいました。そうなると、話を聞いている学生の耳には、途中から話が入ってこないわけで・・・気持ちはお察しするのですが、非常にもったいない。

    合同企業説明会は、1日中立ちっぱなしのケースもあり、非常に疲れますよね。
    出会いたい学生像と、参加目的を明確にしていただき、有意義な合同企業説明会を過ごされることを願っております。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 採用 合同企業説明会 採用担当者

    関連記事

    Loading


    コメント
    No title
    良いブログですね。ランキング、ポチっときました☆
    私のブログにも遊びに来てくださいね♪
    2008/12/28(日) 22:07 | URL | だいすけっち #-[ コメントの編集]
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。