誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • ブレーンストーンミング(ブレスト)No.3

    新しいアイデアや解決法を考える際に利用する、ブレストについて
    うまく機能しないケースを挙げながら、効果的な利用方法について考えています。

    本日は、ブレストがうまく機能しない場合の3つ目について書きます。

    3.周りに遠慮して、自由に意見が言えないとき

    上司と部下、先輩と後輩、同期同士などの関係性によって、自由な意見を
    言いにくい場合があります。

    その分野において、自分の方が長く携わっていると、経験豊富であるという自信から、
    自分の意見の方が正しいものと、思い込む危険性を孕んでいます。

    つい過信してしまう怖さがあります。

    相手が誰であれ、多様な考えを受け入れられる柔軟性が損なわれた人が多いと、
    意見を述べにくい人が出てきます。

    そうした状況に対して、
    「反論してでもぶつかって来ない若手社員が悪いのだ」という結論は、やや乱暴です。
    また、それでは何の変化も見込めません。

    そういう考えの人が集まって、仕事を続けていると、悪しき組織風土が出来上がるのです。

    組織風土は、時に凶器にもなるのですが、目に見えないからこそ、
    それに気づけなかったり、気づくのが遅れがちになります。

    自社の会議で、発言しない人がいるようでしたら、改めて、組織風土について
    振り返ってみることをお勧めします。

    以上、ブレストが上手く機能しない場合について書きました。
    逆に、ブレストを上手く活用するためには、下記に気をつけてはいかがでしょうか。

    1.問題に対する条件設定の範囲を広げすぎない
    2.ブレストのルールである、「他人の意見を批判しない」ことを徹底する
    3.誰もが、自分の考えを自由に発信することができる組織風土づくりを目指す

    こうした点を参考に、職場で有意義なブレストを実施していただきたいと思います。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : ブレーンストーミング 組織風土

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。