誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • ブレーンストーンミング(ブレスト)No.2

    新しいアイデアや解決法を考える際に利用する、ブレストが
    うまく機能しないケースについて考えています。

    こうしたケースを参考に、職場で有意義なブレストを実施していただきたいと思います。

    前回、ブレストがうまく機能しない場合として、下記3つを挙げました。

    1.問題に対する条件設定の仕方が良くないとき
    2.他人の意見(アイデア)にケチをつけてしまうとき
    3.周りに遠慮して、自由に意見が言えないとき

    そして、1.問題の条件設定について書きました。
    本日は、2つ目について書きたいと思います。

    【他人の意見を批判する】
    ブレストのルールに、どんな奇抜なアイデアや、どんなに実現不可能と思われるような
    アイデアであっても、決して批判しないというというものがあります。

    これは、発表しにくい環境が生まれると、どんどん発想しようというマインドが
    低下するためです。

    「こんなことを言ったら、みんなに笑われるのではないか?」
    「こんなことを言ったら、上司に叱られるのではないか?」

    誰かがそう思った時点で、良いブレストはできません。
    せっかくの素晴らしい発想も、表へ出ることなく、埋もれてしまうでしょう。

    その仕事における経験者、特にベテランと呼ばれる方ほど要注意です。
    上司から部下へ、先輩から後輩へ、2年目から新入社員へ。
    ついつい、意見してしまう。

    問題を理解させようと思って話したことが、知らず知らずのうちに相手へ
    制約を設けている。これこそ、自由な発想の大敵です。

    実現可能性の有無については、後ほど議論すればよいのです。

    ブレストを行う目的を忘れると、出された意見にすぐ反応して、
    「それは、~だから、ちょっと難しいんじゃないの」などと、言ってしまう。

    上下関係や仕事の経験度に関わらず、他人の意見を批判しない。
    普段の会議で、そうなりがちな人にとっては、意識しないと難しいことです。

    新入社員だから、大した発想は期待できないと、決め付けてしまうこと自体が、
    発想の狭さを表しています。

    どんな人でも素晴らしい発想を出せる可能性があると思います。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : ブレーンストーミング

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。