誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 数値で評価できない仕事

    公正な評価指標を導入したいがために、あらゆる仕事を数値化しようとする会社に
    遭遇することがあります。

    例えば、サービス業の場合。

    顧客からのクレーム対応にマニュアルを導入している企業は多いですが、
    そのマニュアルを作成するためには、過去に起きているクレームが基盤となっています。

    もし、マニュアルにない初めてのクレームに直面した場合は、どうなるでしょうか?
    クレーム対応の経験が豊富なベテラン社員であれば、マニュアルになかったとしても、
    上手く対応できるでしょう。

    では、こうしたときの対応をどう評価すればよいのでしょうか?
    この成果を数値で測ることはできません。

    クレーム処理件数や、顧客との応対時間など数値で評価することだけを重視していると、
    難しそうなクレームは、他の人に回してしまうという、たらい回しが起きる温床とも生り得ます。


    例えば、製造業の場合。

    多くの仕事が機械化されているとはいえ、人間にしかできない仕事もたくさんあります。
    職人と呼ばれる人の勘は、経験によって磨かれるものであるならば、
    これも一つの職能と言えるかもしれません。

    ラインに流れてくる同一商品の一つを取り上げて、「何となく、こいつはおかしい」と感じて、
    品質検査に出す。検査で異常を感知できる不具合は、機械に任せることができますが、
    過去に起きたことがない不具合は、機械で異常を感知できるわけがありません。

    ただ、こうした判断能力は漠然としているため、定義づけは困難です。

    定義できないものを、何%達成できたなどと数値評価しようとすることは、この上なく難しい。
    それでも、評価をするのであれば、こうした職人の勘を理解しており、見抜くことができる者、
    すなわち同じ職人の勘を持ち合わせた人間が評価するより他なりません。

    評価者訓練で、実践できるようになる類のものではないのです。
    こうしたことは、どのような業種の仕事にも存在しているのではないでしょうか。

    数値化できない仕事の裏には、その仕事を支えている人材が存在している。
    こうした人材を数値化にこだわらず、評価しようと努力する姿勢こそが、
    本当に会社を良くする人事制度ではないでしょうか。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。