誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

成果主義がうつ病社員を増加させる?

成果主義を導入してから、うつ病など心の病を患う社員が増えた。」

ある企業からこんなお話を伺って、私はふと疑問に思いました。
成果主義はそんなに悪者なのでしょうか?

日本企業の多くが導入した成果主義(らしきもの)は、失敗だったなどと、メディアに悪者にされている感が否めません。

そもそも成果主義とは何なのかということが、曖昧になっているように思います。

一口に成果と言っても、何をもって成果とするかという企業側の意思表明が必要です。そもそも、この成果の定義が曖昧な場合は、従業員は何に注力すればよいのか分かりません。

また、従業員に求めている成果の難易度について、自社でしっかりと吟味されているでしょうか。悪者にされがちな目標管理についても、目標の難易度は適切だったのでしょうか。そこに、従業員の納得感は存在していたのでしょうか。


NIOSH(米国立労働安全衛生研究所)の調査結果によると、
生産性が高い職場の特徴の一つに、
「従業員が、高い成果とは何であるかについて認識している」とあります。

生産性が高い職場では、従業員の心身が健康で、仕事上のストレスも少ないことが分かっています。

自分たちが何を実現するために存在し、そのためにどのような成果を上げることを求められているか。各従業員が、こうしたことを理解できている組織は強いでしょう。

逆に、この辺が曖昧であると、従業員にとっては大きなストレスとなることが想像されます。曖昧なものに対して、コミットしろと言われれば、誰だって戸惑います。その上、成果を上げることへのプレッシャーもストレスとなるでしょう。

その意味では、成果主義もうつ病を引き起こす要因の一つであるかもしれません。では、成果主義ではなく、年功主義に戻せば、職場からうつ病社員はいなくなるでしょうか?

ある企業では、昨年まで年功主義的評価を用いていましたが、その当時から、職場ではうつ病などで休業している社員が、全従業員の2%ほど存在していたそうです。

関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 成果主義

関連記事

Loading


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR