誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 2人の二代目経営者

    先日、2つの企業から人事制度の改定についてご相談いただきました。どちらも、経営者のご子息で、まもなく二代目経営者となる従業員数100名未満の企業でした。

    「何のために改定したいのですか?」とお聞きしたところ、

    Aさん「管理職に、管理職としての役割を果たしてもらいたいのです。」
    Bさん「結果を出した人間が、給料を多くもらえるようにしたいからです。」

    と返ってきました。

    お二人とも、ご自分が経営者になったときのことを見据えて組織づくりを行いたいと考えておられるようでした。

    Bさん「客先で何かあったら、自分が尻拭いをしなきゃならないんですよ。なんとか、管理職に部下育成の視点を持たせたいのだけど・・・」

    Aさん「社員が自分で考えて判断し、行動できるようにしたかったので、行動指針を作成しました。自社が大切にしたい行動を、人事制度にも反映させたいのです。」

    Aさんは、人事制度改定後の運用について考えると、不安が残るため、ご相談に来られました。
    一方、Bさんは、とりあえず新しい人事制度を作って、早く新制度で評価を行いたいことを強調されていました。

    当初、AさんもBさんも、管理職に部下育成の意識を高めてもらいたいと望んでおられました。ところが、途中から、Bさんは新制度の下で、人事評価を行うことがゴールとなってしまったようです。


    人事制度を改定した際、従業員に対して何のために改定したのかを明確に説明し、理解を得て運用していかなければ、効果を発揮しにくくなります。

    この点を疎かにしてしまうと、「会社都合だ、人件費削減だ」などとネガティブな印象を持たれかねません。反発する従業員を置き去りにして、運用を開始しても、早晩上手くいかないと思いますし、誰も得をしません。

    いつの間にか、人事制度を改定することがゴールとなってしまう企業がありますが、当初の目的を見失うと、『いったい誰のための人事制度なのか』となります。


    人事制度のどこを変えれば、従業員や組織がどう変わるのかをイメージすることは、易しいことではありません。だからこそ、改定後の運用までを意識して、制度改定にあたることが大切であると思います。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 人事制度

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。