誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

コンプライアンス経営

京セラ創業者である稲盛和夫氏の著書のなかに、
「経営における判断は、世間でいう筋の通ったもの、つまり原理原則に基づいたものでなければならない。」とありました。

人間として正しいことであるかを、すべての判断基準として、経営にも取り組まれているそうです。人間として正しいこととは、公平、公正、正義、努力、勇気、博愛、誠実というような言葉で表現できる、とありました。

一般的なモラルや倫理観などに従って行動することの大切さを説かれております。


コンプライアンス活動に関しても、同様のことが言えるのではないでしょうか?

制度など、システム面の整備も重要ですが、経営者をはじめとする企業としての価値判断の基準も重要であると感じます。

『法に触れないように』というスタンスで、内部統制にどれだけ尽力したとしても、会社は生ものであるため、想定外の事態はいつでもどの企業にも起こり得るわけです。

法令に沿って考えると、何ら問題のない対応であったとしても、社会がその対応を許さなかった事例は幾多も存在しています。

個人のモラルや倫理観が、組織という集団になった途端にうやむやにされてしまう。ともすれば、もみ消されてしまいますが、そうした企業は、遅かれ早かれ市場から追放されてしまうでしょう。

リスクはどの企業にも存在していることを決して忘れてはいけません。しかし、一方で不測の事態に素晴らしい対応をとることができれば、企業価値の向上が期待できることも着目すべき点です。

そのためには、現場の一人ひとりが、企業独自の共通した価値観を判断基準として持ち合わせおくことが求められます。また、自社が大切にする価値観について、全社的に共有するような取り組みが必要であると思います。

関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : コンプライアンス

関連記事

Loading


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR