誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 従業員を大切にするために取り組むこと

    あなたが勤務している会社は、
    あなたを定年退職時期まで雇用することを約束していますか?

    あなたが経営している会社は、
    従業員を定年退職時期まで雇用することを約束していますか?

    守れない約束や、守れるかどうか分からない約束は通常されません。

    企業が従業員を定年まで雇用したいと希望していたとしても、
    それが実現できるとは限りません。

    この事実を真剣に受け止めるなら、企業も従業員も
    これまでの関係性を改めたほうが良さそうです。


    企業は、従業員を自社で定年まで雇用することにこだわるのではなく、
    従業員が他の企業でも働けるレベルのスキルや経験を積ませることに
    注力することが大切であると考えます。

    そうすれば、自社に万一のことがあっても、
    大切にしていた従業員が路頭に迷うリスクを低下できます。

    また、他社でも通用する力を育てるために投資することは、
    結果として自社の成果に繋がります。

    ですから、自社にとってもメリットがあるのです。

    自社の成長のためだけを考えて従業員を扱っていると、
    自社でしか活躍できない従業員を増やしてしまうかもしれません。

    これからは、自社でしか通用しない経験やスキルを持つ従業員にとっては、
    ますます厳しい時代になるでしょう。

    変化に適応できない人材は、市場価値がますます低くなります。

    自社だけでなく、他の企業でも、期待されるパフォーマンスを
    発揮できるように育てることが、本当の意味で
    従業員を大切にするということではないかと思います。


    福利厚生の充実やワークライフバランスの推進なども、
    従業員を大切にしている施策なのかもしれません。

    しかし、長期的な視点で考えた時、
    従業員を大切にするために何をすべきなのか?

    やるべきことの優先度を変えていく必要性を感じます。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 育成 終身雇用 エンプロイアビリティ

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。