誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 若手営業社員の課題 vol.1

    お客様が求められる営業力アップに関する研修においては、ヒアリングスキルや
    プレゼンスキル、交渉力の強化などのご依頼が多いのですが、
    実は他にも重要な課題が出てきます。

    特に、若手の営業社員にとっては、上記よりも先にやるべきことが
    あるのではないかと考えています。

    若手社員対象の営業研修において、彼らの言動やワークへの取り組みを
    観察していると、その特徴として、次の点が挙げられます。


    1.仕事の目的が不明瞭
    2.商品・サービスに関連する知識が少ない
    3.顧客の立場をイメージする力が乏しい


    1.仕事の目的が不明瞭

    何のために、現在の仕事に取り組んでいるかについて、
    あまり深く考えたことがない若手営業社員は多いものです。

    そのため、営業職とは「単にモノを売る仕事」と捉えている傾向が見られます。

    目的が不明瞭であるにも関わらず、月次売上など個人目標は存在しています。
    それは、最近に限ったことではなく、昔からあったことなのでしょう。

    ただ、上司と部下の関係性が変わってきた昨今、目的なき目標は、
    若手社員のパフォーマンスに大きな影響をおよぼしていると思われます。

    現在の上司と部下の関係性を一言で言うなら、こういうことではないでしょうか。

    過去の経験で言うことを聞かせようとする上司と、
    「とにかく走れ」という指示が嫌いな若手社員

    ビジネス環境の変化の速さが、もたらしたものの一つは、過去の成功体験を豊富に
    持つ上司の指示が、いつも正しいとは言い切れなくなっていることです。

    そして、そのことを、若手社員も気付いているのではないかと思います。

    だからこそ、「自分の経験に基づいて、今はとにかく走れ」という上司の指示が、
    若手社員にとっては、受け入れにくくなっているのかもしれません。

    たとえ、それが正しい指示であったとしても・・・

    そう考えると、上司は、若手社員に対して、
    営業という仕事の目的について考えさせる必要があるのではないでしょうか。

    自分が何のために営業活動をしていて、誰にどんな価値を提供しているか。
    また、自分の仕事は、どれだけの貢献をしているのか。

    営業という仕事の意義を感じることができて初めて、速く、遠くまで走ることができる。
    そんな若手社員が多いように思います。

    次回に続きます。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 営業 若手社員 キャリア形成 成長

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。