誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • サーベイの捉え方

    お客様と話をしていて感じたことなので、推測に過ぎないのですが、従業員に
    対して何らかのサーベイを実施したことがある企業は、多いように思います。

    内容は多岐に渡っています。
    理念の浸透、ビジョンの理解、考課、処遇、社員教育、働きやすさ、仕事のやりがい、
    施策への理解など・・・

    簡単に言えば、「従業員がどう思っているか」を知る方法の一つがサーベイです。

    従業員の感情を扱っているということを忘れてはいけません。
    つまり、必ずしも、事実を的確に捉えているとは限らないのです。

    例えば、人事考課に対してサーベイを取れば、「不公平である」と答える従業員が
    一定数出てきます。

    では、仮に、誰にとっても公平・公正な考課制度が存在するとします。

    それを活用した後、サーベイを取ったとしても、やはり「不公平である」と
    回答する従業員は出てくるでしょう。

    つまり、これは考課制度が実際に、公平か不公平かということではなく、
    従業員が「不公平であると感じてしまう」感情の問題なのです。

    もちろん、実際に不公平な人事制度もたくさんありますから、それを
    改善していくことは、経営層や人事の役割であるのですが、
    一方では、従業員の感情にしっかりと向き合うことも重要であります。

    上記の例ですと、なぜ不公平であると回答したかを明らかにすることが求められます。
    実際には、評価の伝え方など、説明不足が原因であることも少なくありません。

    その場合、やるべきことは人事制度の改善ではなく、
    運用上の改善、もしくは人事制度を正しく理解してもらうための活動になります。

    こうしたことは、人事考課に限ったことではありません。

    企業が実施している仕組みや施策が間違っていることもあれば、
    従業員が誤認していることもあります。

    サーベイの結果は、従業員の感情という観点では事実でありますので、対処が必要ですが、
    仕組みや施策の方向性が間違っているとは限らないので、しっかり調査した上で、
    対策を練られることをお勧めします。

    サーベイ結果を鵜呑みにして、慌てて仕組みや施策を変えてしまわないように
    注意していただきたいと思います。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : サーベイ 従業員満足度 人事制度 考課

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。