誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 目標管理制度の落とし穴

    最近、連続して目標管理制度MBO)に関するご相談をいただいていたので、
    このテーマで書いてみました。

    目標管理を導入する際に考えることは、主に2つあります。

    ・各自がその能力を最大限に発揮するために、どうすれば良いか。
    ・各自の仕事を会社全体の成果に繋げるために、どうすれば良いか。

    これらを考えるとき、人事考課と結びつけた方が、高い効果が得られると判断して、
    目標管理制度を導入する場合があります。

    ところが、考課制度と関連づけたことによって、却って新たな問題を
    引き起こすケースがあります。


    そもそも目標管理のメリットの一つは、各自が主体的に目標を設定することによって、
    モチベーション高く仕事に取り組めるようになると、考えられています。
    (各自のパフォーマンスの最大化)

    また、自分で設定した目標管理の結果が評価されるというのは、
    誰にとっても納得感が得られやすいように見えます。

    そのため、従業員の自主性を重んじて、各自が目標を自由に設定できるようにします。
    反対に、会社が各自の目標をガチガチに決めると、ノルマになります。

    ところが、このノルマという言葉のイメージだけに引きずられると、
    目標設定を各々に任せすぎてしまうことになります。

    すると、こんなことが起こってきます。

    ・達成できそうな易しい目標しか設定しない。
    ・結果を判断しにくいような目標を設定する。
    ・目標達成のための方法を記さない。
    ・目標設定した仕事以外はやらない。
    評価されやすい仕事(派手な仕事や分かりやすい仕事)しかしない。
    ・各自の目標を並べると、会社として達成したいビジョンに届きそうにない。

    例えば、課のメンバー各自が設定した目標を見て、管理職である課長が
    課全体の目標に届かないことを判断できれば、目標設定に修正をかけられます。

    ところが、一度設定した目標に対して、チェックが機能せずに通ってしまい、
    期末になってから、みんなが目標達成しているのにも関わらず、
    会社のビジョンを達成できていないなんてことになったら、笑えませんね。

    この笑えないようなことが、現実には起こっています。

    もちろん、全員が目標を達成する企業などありませんから、
    「目標達成率がもう少し高ければ、ビジョンは達成できたはずだ」というような
    誤った結論を導いてしまう場合が出てきます。

    このような場合、問題は
    目標管理プロセスに対する会社側の関与度合いにあります。

    具体的には、各自の目標設定に際して、会社の方向性が加味されていることが
    求められます。

    全社的なビジョン達成に向けた、目標のブレークダウンがなされた前提で、
    目標管理制度は、各自にいま必要な仕事について考えてもらう良い機会となり得ます。

    会社のビジョンを部や課の単位にブレークダウンしていくことは、
    言い換えれば、ある種の制約です。

    これが行き過ぎると、ノルマと捉えられ、従業員のモチベーションが下がることを
    懸念されることもありますが、人のモチベーション要因は一つではないのですから、
    別の施策を考えれば良いわけです。

    このように目標管理制度は、経営計画や評価システムと関わってくるため、
    運用に際しては、これらの影響についても注意しなければなりません。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 目標 目標管理制度 MBO 評価

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。