誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

管理職のためのメンタルヘルスケア vol.2

管理職のためのメンタルヘルスケアと題しまして、企業のメンタルヘルスケア活動において、管理職に求められる役割について書いております。

管理職に求められるメンタルヘルスケアは、大きく4つあります。

1.職場環境の評価・改善
2.部下の様子の変化を把握する
3.部下の相談対応
4.職場復帰支援

前回は、1.職場環境の評価・改善について書きました。
今回は、2.部下の様子の変化を把握するです。

【部下の様子の変化を把握する】

第一次予防の重要性について、以前のブログ『メンタルヘルスケアと強い組織づくり』でお伝えしました。

部下がメンタルヘルス不全に陥り、長期休業しなければならない事態を防ぐためには、管理職が日頃から部下のストレス要因を軽減するように取り組むなど、職場環境の改善に努めることが求められています。

また、部下の支援という観点を考慮すると、部下のいつもと違う様子を把握しようと努めることも重要です。いつもと違う様子とは、2つの意味合いがあります。

1.職場内の他のスタッフと比較して、部下の様子が異なる

同様の仕事に携わっているスタッフの平均的な姿と比較して、何らかのズレを感じる場合で、例えば、工場内で同一労働を行っているスタッフの中で、1人だけ様子がおかしいと思われる時は注意が必要です。


2.部下の普段と比較して様子が異なる

遅刻が増える、無断欠勤が続く、小さなミスが頻発する、普段よりよく喋る(口数が減る)など、いつもの部下の行動や言動、態度と異なる時は、注意が必要です。

このような部下の異変に気づくためには、部下の一番近くで接している管理職が、部下の日頃の様子を把握しておく必要があります。


あるディーラーでは、社内でメンタルヘルス不全による長期休業者が発生した経験を教訓に、メンタルヘルスケア活動の一環として、上司が部下の様子の変化を把握するために、定期的な面談を実施する仕組みを構築しています。

管理職が、部下の様子の変化にいち早く気づくことができれば、早期に対処ができますので、症状を悪化させるリスクを軽減できます。
関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : メンタルヘルス

関連記事

Loading


コメント
Re: No title
だいすけっちさん

こんにちは。ブログご覧いただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
2009/01/23(金) 16:10 | URL | oka #-[ コメントの編集]
Re: No title
小野さん

コメントありがとうございます。
多くの企業で、メンタルヘルス対策が求められていますね。

今後も、管理職のためのメンタルヘルスケアについて書いていきますので、
引き続き、ご覧いただければ幸いです。
2009/01/23(金) 16:07 | URL | oka #-[ コメントの編集]
No title
こんばんは。
ランキングポチっときました☆
私のブログにも遊びに来て下さいね♪
2009/01/21(水) 21:51 | URL | だいすけっち #-[ コメントの編集]
No title
岡さん、はじめまして。私自身数名の部下を持つ身なので、メンタルヘルスには大変関心があります。最近友人からも、職場で心の健康を害してしまって長期療養に入る方が多いとよく聞きます。書かれていたような小さな変化も見逃すことなく、マネジメントに務めていきたいと思いました。
2009/01/21(水) 16:45 | URL | 小野 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR