誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • ツイッターによる顧客とのコミュニケーション効果(後編)

    前回、ツイッターによる顧客とのコミュニケーション効果(前編)と題して、
    ツイッターを既存顧客とのコミュニケーションツールとして活用した際の
    効果について、書きました。

    1.顧客に関する情報が増える
    2.顧客への透明性が増す
    3.顧客志向が高まる

    今日は、後編ということで、2つ目の効果から書きます。

    2.顧客への透明性が増す

    ECスタジオの経営者 山本敏行氏の著書「iPhoneとツイッターで会社は儲かる
    によると、経営者をはじめとして、従業員の多くがツイッター
    活用したことによって、社内コミュニケーションが活発化したとあります。

    これは、社内ブログや社内SNSの導入によって、社内コミュニケーション
    活発化した事例と類似しています。

    むしろ、ツイッターの方が、利用のハードルが低いため、これまで以上に、
    社内コミュニケーションが活発化するかもしれません。

    ツイッターの特徴は、第三者へ公開される(非公開も可能ですが)点です。
    これによって、顧客が社内コミュニケーションのプロセスを知れるようになります。

    つまり、これまで知ることが難しかった、社内プロセスを顧客に
    開示することによって、顧客側が自社に対して把握できる情報も増えます。


    3.顧客志向が高まる

    ツイッターは、リアルタイムメディアと言われていますが、顧客が
    つぶやいている内容を定期的にチェックすることによって、「顧客がなぜ
    こういったことをつぶやいているのだろうか」と考える機会が増えます。

    これは、顧客の立場になって、考えるトレーニングになります。

    顧客に関する情報量は、顧客がつぶやき続ける限り、増え続けるわけですから、
    顧客への関心は高まり、よりスピーディに対応することが期待されます。

    他にも期待される効果があるかもしれませんので、
    皆様のご意見などいただけると幸いです。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : サービス ツイッター iPhone 顧客満足 コミュニケーション

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。