誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 理解するのではなく、なじむ

    管理職による部下育成に関する研修で、グループディスカッションを実施すると、
    部下とのコミュニケーションについて悩まれる管理職の方がたくさんいます。

    良質なコミュニケーションのために、相手を理解することの重要性については、
    過去多くの方が訴えています。

    例えば、スティーブン・R・コヴィー氏の著書「7つの習慣―成功には原則があった!」の
    中で示されている「理解してから理解される」も、その一つです。

    人は、誰しも自分のことを理解して欲しい、分かって欲しいと願うものです。
    しかし、まず相手を理解するように努め、その後で、自分を理解してもらうようにする。

    相手を理解する。
    これは、大変難しいことではないかと思います。

    相手を理解するということは、相手の話を聞いて、その感情に共感を示し、
    さらに自分の言葉を使って、話の内容を置き換えることができるということです。

    そのために、アクティブ・リスニングや質問スキル、話し方などを学びます。

    とはいえ、相手を理解しようと力みすぎると、質問ではなく詰問になってしまうでしょう。

    あるいは、相手のために理解するというよりも、
    自分のために理解しようとしているように、相手には映るかもしれません。

    ある方に、「わかる」ということは、「なじむ」ことではないか、
    と言われたことがあります。

    確かに、力の入り過ぎない上手い説明ではないかと思います。

    相手を理解しようとせず、なじんでみようとする。
    このスタンス、大事にしたいですね。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : コミュニケーション 理解 育成

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。