誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 管理職のためのメンタルヘルスケア vol.1

    前回のブログで、メンタルヘルスケアについて書きましたところ、管理職に求められる役割についてお問い合わせをいただきましたので、今日はこれをテーマに書きたいと思います。

    管理職に求められるメンタルヘルスケアは、大きく4つあります。

    1.職場環境の評価・改善
    2.部下の様子の変化を把握する
    3.部下の相談対応
    4.職場復帰支援

    特に、職場環境の評価・改善と、部下の相談対応は重要です。

    【職場環境の評価・改善】

    うつ病などのメンタルヘルス不全は、職場における様々なストレス要因によって引き起こされることが多いため、管理職の方々は、自部署の職場環境がどういった状況であるかチェックしておくことが求められます。

    例えば、下記のような項目です。

    ・部下の時間外労働(残業、休日出勤)が増えていないか
    ・部下の仕事量が多すぎないか
    ・部下の仕事の質は低下していないか
    ・部下は適正な評価を受けているか
    ・上司として、部下の支援をしっかりと行えているか

    参考データですが、労働者健康状況調査(2002年 厚生労働省)によると、職場で感じるストレス要因の上位3つは、下記のような事項です。

    1位:職場の人間関係
    2位:仕事の量
    3位:仕事の質

    従って、日頃のコミュニケーションや面談を通して、上記項目を中心にチェックする、あるいは、アセスメント調査から現状分析を行うことも有効です。

    現状分析の後、原因追求と改善策について検討しなければなりません。

    個々の部下のストレス要因を軽減させる取り組みも大切なのですが、それ以上に組織単位での職場改善が重要です。

    そのための流れとしては、

    ・自部署がどのような組織であれば、より良い組織となるかという理想を描き、
    ・自部署の現状とのギャップを明確にした後、
    ・ギャップを埋めるためのアクションプランを考えていきます。

    アクションプランが決まれば、PDCAサイクルを回しながら、改善に取り組むことが求められます。

    その他、管理職に求められる役割については、また次回お伝えします。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。