誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 石川遼選手に学ぶメンタルマネジメント

    プロゴルファーの石川遼選手は、自らのパフォーマンスをさらに高めるために、
    メンタルマネジメント力を高めようとしているのではないかと思います。

    例えば、調子が崩れてしまった試合において、

    「僕は、自分1人で緊張しただけ。」
    「真っすぐ飛ばしたい、バーディーチャンスにつけたい、そういう思いが強すぎた」。

    など、客観的に自分を振り返っています。

    これらは、試合後の取材におけるコメントですが、おそらくプレー中に、
    現在の自分自身を冷静に分析しているのではないかと思います。

    自分を客観的に見ることができるということは、現在の心理状態を
    把握することができるということです。

    だから、次のプレーでは、どのような態度で臨むかについて、
    冷静に考えることができるようになります。

    人はたいてい、起きた事実に対して、感情を付加してから、現状を捉えます。
    そして、その感情に引きずられながら、次の態度を取ってしまいがちです。

    例えば、上司に叱られたけれど、その内容に納得がいかず、
    イライラしたとします。

    心に不満を抱えながら、仕事に取り組みます。
    目の前の仕事のことを考えつつも、怒りは収まりません。
    ストレスは溜まる一方です。

    でも、一歩引いて、その時の自分を眺めることができたなら、
    「自分は、凄くイライラしているな」、「なぜこんなにイライラしているのか」、
    「上司はなぜ叱ったのだろうか」などと、考えるようになります。

    どちらが、自分にとって有用でしょうか。

    メンタルマネジメントは、プロスポーツ選手のためのものという
    イメージがあると思いますが、実は私たちにも、日常生活で活用できるものです。

    トレーニングによって、自分を客観的に見ることができるようになります。
    また、職場のストレスと上手く向き合うことができるようになります。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 石川遼 メンタルマネジメント メンタルヘルス

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。