誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

新しいものを生み出すための余剰

1998年にピューリッツァー賞に輝いた、ジャレド・ダイアモンド氏の
著書「銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎」の中で、
狩猟民族と農耕民族との比較についての記述があります。

要約しますと、下記のような内容です。
-------------------------------------------------------------------
狩猟民族は、常に危険と隣り合わせで、リスクは大きいものの、
獲物を仕留めれば、ご馳走となり得るし、集団における名声も高くなる。

ただし、食料自給は不安定であるため、定住は難しい。

一方、農耕民族は、自然災害による飢餓を除けば、リスクは低く、安定的に
農作物を生産することができる。従って、定住することになる。

安定的に食料が確保でき、飢餓のリスクが小さくなることによって、
コミュニティの全ての人間が、農業に関わる必要がなくなってくる。

すなわち、余剰人員が発生するため、他の役割を担うことができる。
そのおかげで、芸術や文化が形成された。
-------------------------------------------------------------------

こうした観点で、現代の組織を眺めてみますと、ある仕事をできるようになる人が
増えることによって、余剰な人員や時間などが生まれます。

すると、組織内で他の役割を担う人をつくれますので、新しいアイデアや
事業を考える余裕が生まれてきます。

そのように考えると、組織には、ある程度の余剰が
必要ではないかとも思うのです。

人員余剰だけなら、現在の環境では、リストラという決断に
なるのかもしれませんが、人員を削減することは、現有社員の
時間的余剰や精神的余剰を奪うことになります。

そのような状態で、新しい商品やサービスを生み出すということは、
困難な道のりとなるでしょう。

たとえ、リストラという手段を講じたとしても、リストラ後の組織に対して、
いかにして時間的余剰や精神的余剰をつくることができるかが、
V字回復のための条件なのかもしれません。
関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 社長のブログ
ジャンル : ビジネス

tag : リストラ 組織風土

関連記事

Loading


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR