誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.5

中小企業のための合同企業説明会の心得シリーズと題して、合同企業説明会に参加する際のポイントをお伝えしております。

前回までは、vol.1「出会いたい学生像を考える」 vol.2「パンフレット原稿を工夫する」vol.3「興味を惹く空間づくり」vol.4「むやみに勧誘しない」について書きました。

本日は、第五回「話しすぎに注意」です。

【話しすぎに注意】

採用活動のコンサルティング現場では、採用担当者の方からこんな質問をいただくことがあります。

合同企業説明会では、自社ブースに来た学生に何分ぐらい話をすれば良いですか?』

雑音が多い環境で、集中して他人の話を聞ける時間はどのぐらいでしょうか。
元国際基督教大学の斉藤 美津子さんによると、他人の話を集中して聞ける時間は、15分ぐらいであるそうです。

合同企業説明会のように、大勢の人がいる環境では、集中して話を聞ける時間はもっと短いかもしれません。そう考えると、あまり長々と自社の説明をしても、目の前に座っている学生の記憶にはさほど残らないでしょう。

では、自社のブースに来た学生に何を伝えればよいでしょうか。
次の2つの要素を意識すべきであると考えます。

1.自社をどのような印象として認知させるか
2.他社と比較して、自社はどのような違いがあるのか

1.学生から見た自社の印象

学生にとって、企業の印象は、採用担当者の印象に非常に大きな影響を受けます。
採用活動は、イメージ戦略でもありますから、採用担当者が元気で明るいと、活気のある企業イメージがつきますし、逆に採用担当者が暗い印象であると、その企業も暗いイメージで見られてしまいます。

採用担当者の話し方、態度なども学生の印象を左右する要素になります。

逆に考えると、学生に自社をどのようなイメージとして捉えさせたいか決めた上で、採用担当者を選ぶという方法もあります。

2.他社とどう違うのか?

端的に言うと、自社のウリです。『自社には他社に自慢できるようなウリがない』と言われる採用担当者や経営者もいますが、是非、次のことに取り組んでいただきたいと思います。

・自社がどんな会社であるか、魅力を洗い出す。
・その魅力を端的に表現する言葉を考える。

魅力抽出の方法については、 vol.2「パンフレット原稿を工夫する」でも触れましたので、よろしければご覧ください。

自社の印象、他社との違い。2つの要素を考慮しながら、学生に接していただければ、集中して話を聞いてもらえる短い時間の中で、自社をPRできます。

一度に大勢の学生が、自社ブースに来た場合は困難であるかもしれませんが、一方的な説明で終わらず、学生の知りたいことを知る努力、具体的には採用担当者から学生に積極的に質問をすると、その後の採用活動を有利に進めることができます。

この話は、また次回お伝えいたします。
関連記事
 ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

          

テーマ : 人事・雇用制度
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 合同企業説明会 採用担当者

関連記事

Loading


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
メルマガ登録受付中
「シアワセソシキへの道」
より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

詳細はこちら
お問い合わせ
講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
メール問い合わせ
Facebookページ
全タイトル 一括表示
全タイトルを表示
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール
株式会社オドック 代表取締役
組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

株式会社オドックHPはこちら

岡 晴雄

Author:岡 晴雄

人事のお役立ちサイト
人事支援サービス資料請求で賞品GET!
よろしければご覧ください
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR