誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • メンタルヘルス対策が機能しない理由(前編)

    警察庁の発表では、昨年の自殺者が11年連続の3万人超となりました。
    その大きな要因にうつ病などのメンタルヘルス不全が指摘されています。

    斎藤貴男 氏の著書 「強いられる死 自殺者三万人超の実相」に登場する、
    遺族への取材内容を読むと、いたたまれなくなりますが、
    企業のメンタルヘルス問題について改めて考えさせられます。

    メンタルヘルス問題が、社会的に注目されている背景もあり、大手企業を中心に
    多くの企業で何らかのメンタルヘルス対策が実施されるようになっています。

    ところが、メンタルヘルス不全者は、なかなか減少しません。
    メンタルヘルス対策は、いったいなぜ機能しないのでしょうか?

    僕は、主に4つの理由があると考えています。

    1.心の病に対する偏見
    2.三次予防どまり
    3.管理職への負荷増加
    4.独立した問題という認識


    1.心の病に対する偏見

    メンタルヘルスは、心の病と言われますが、現実的には身体症状も現れます。
    従って、気合が足りないとか、甘えているというような本人の性格によって、
    メンタルヘルス不全が起こるわけではありません。

    このことを、御社の従業員のどれぐらいの方が理解されているでしょうか?
    メンタルヘルス不全者に対する誤解や偏見が、まだまだ根強い状況です。


    2.三次予防どまり

    メンタルヘルスの三次予防は、主にメンタルヘルス不全者の休業対応や、
    職場復帰支援の充実を通して、再発を予防することにあります。

    メンタルヘルス不全者がいる職場では、まずはこの三次予防に注力せざるを
    得ないわけですが、それ以上のことまで手を付けられていない企業が
    数多く存在しています。

    比較的スムーズな復職を果たす仕組みづくりが出来た企業では、
    メンタルヘルス不全者の発生に歯止めがかかっているという調査もあります。

    しかし、職場のストレス要因自体が、改善されていなければ、
    やはりメンタルヘルス不全者はなかなか減りません。

    そうすると、メンタルヘルス対策が機能していない理由は、対策内容が
    まだまだ不十分であるとも捉えることもできます。

    長くなりましたので、続きは次回のブログ(後編)で書きたいと思います。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス 職場復帰支援

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。