誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 愛社精神

    「今の会社で一生勤めたい」と希望している新入社員が増えている一方で、
    若年者の離職率には大した変化が見られません。

    20代の社会人と接していると、自社への愛着が乏しいと思うことがよくあります。

    いまや私語という声もありますが、彼らには、愛社精神という言葉が
    ピンと来ないようです。

    愛社精神とはどういうものなのでしょうか?
    ある先輩のお話を聞いて、愛社精神という言葉について考えてみました。

    「若手社員の頃、病気を患って、長期間休んでいたにもかかわらず、
    会社は雇い続けてくれた。今振り返っても、ありがたいと思う。」と話されました。

    自分が苦しいときに、会社から助けてもらったという恩は、
    やはり忘れられないものなのでしょうか。

    「この会社のために何とか貢献したい」という想い。
    まさに恩返しの気持ちです。

    ともすれば、「愛社精神があるなら自社の商品を購入しろ」というような、
    企業にとって都合の良い言葉として使われかねません。
    まるで、踏み絵のように。

    従業員の愛社精神を育てるには、どうすればよいかと聞かれることが
    あるのですが、「育てる」という言葉にやや違和感を覚えます。

    愛社精神とは育てるものではなく、生まれるものではないでしょうか。
    ただし、自然と生まれるものではなく、生まれるための条件があると思います。

    例えば、会社や上司・先輩からの愛情を感じることができれば、その組織への
    愛着は増してくるものではないでしょうか。

    どれだけ長い間、一つの会社に属している従業員でも、職場において、
    興味・関心をさほど持たれず、会社からも必要とされているという実感が
    持てなければ、会社に愛着は湧かないでしょう。

    大切なことは、様々な形で、従業員に対する愛情を
    示すことではないかと思うのです。

    愛情を示すスタートは、「存在を認める」ということではないでしょうか。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 愛社精神

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。