誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • リッツカールトンのサービスクオリティ

    リッツカールトンのサービスが、素晴らしいものであることは改めて
    書く必要もないのですが、利用する機会があると、職業柄、つい色々と
    観察してしまいます。

    ザ・リッツカールトン大阪で食事をしたときのお話です。

    素晴らしいディナーの食後、出されたホットコーヒーを飲みながら、
    ご一緒していた方との会話に夢中になっていました。

    さほど意識していなかったのですが、僕のコーヒーが1/4ほどになった頃、
    スタッフの方が私たちのテーブルに近づいて来られて、

    「おかわりはいかがですか?」

    とご提案されました。

    僕は、「では、お願いします」と言って、おかわりをいただきました。
    楽しい時間であったので、しばらく会話を続けていました。

    そこで、ふと思ったのです。

    「彼はなぜ分かったのか?」

    スタッフである彼は、私たちの食後の会話中、ずっと僕の目線の先に
    立っていました。しかも、ずいぶんと離れた場所で。

    僕のコーヒーの残りが見えるはずはないのです。

    この疑問をご一緒していた方にぶつけたところ、

    「コーヒーカップの角度ですよ。」

    と、にこやかな表情で教えてくださいました。

    なるほど、コーヒーを飲むに従って、カップは徐々に傾いていきます。
    スタッフの方々は、その傾きを見ていたのですね。
    確かに、それなら、遠くからでもよく見えます。

    普通のお店の場合、コーヒーをおかわりしたくなれば、遠くで
    立っている店員に向かって、手を挙げながら声をかけます。

    でも、リッツカールトンのスタッフは、ただ遠くで
    立っているわけではないのですね。

    常に、お客様を観察しており、お客様自身が気づかなかったところにまで、
    行き届いたサービスを提供しています。

    このようなサービスが日常的に行われているわけですから、顧客満足度が
    高いことは、容易に想像がつきます。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : サービス 顧客満足 接客 リッツカールトン

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。