誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 信長に学ぶミドル育成の考え方

    将来の幹部候補を継続的に輩出するためには、ミドルすなわち中間管理職の
    育成が鍵を握っています。

    織田信長は、それまでミドル層が、先頭に立って戦地に赴くことが
    よしとされていた状況を危惧していました。

    というのも、せっかく優秀なミドル層が育っても、
    「武将たるもの先陣を切って、戦場で戦うべし」というような風潮が
    根付いたままであると、彼らが戦地で命を落としてしまうからです。

    それでは、いつまで経っても幹部候補が現れないわけです。

    そこで、こうした風潮にメスを入れるために、
    自分が真っ先に動くのではなく、部下を動かすことができるミドル
    重用することにしました。

    例えば、桶狭間の戦いでは、梁田政綱を表彰しました。

    彼は、今川軍の動向に関する情報を信長に報告しました。
    ただ、それは、自分が動いて得た情報ではなく、部下を使って得た情報でした。

    すなわち、適切なタイミングで必要な情報を得るために、
    マネジメント能力を発揮した結果であったと言えます。

    信長は、彼を皆の前で「良い働きをした」と表彰することによって、
    彼のような行動を今後は高く評価すると知らしめたわけです。

    現在で言うところの、ロールモデルの提示であります。
    皆も「彼のように、行動すべし」と新しい人事考課基準を発表したのです。

    また、いつも率先垂範で、部下の仕事にすぐに手を出すミドル層の下では、
    部下の成長の可能性が潰されてしまうとも考えていたようです。

    部下のモチベーションを高め、彼らの可能性をいかにして引き出していくか。
    これをミドル層の役割とした、信長の組織づくりの考え方は、
    現代においても学びが多いですね。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : ミドル 育成

    関連記事

    Loading


    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。