誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 企業の3つの目的

    あなたはどこかの組織に属していますか?
    その組織は何のために存在しているのでしょうか?

    その答えは人によって異なると思いますが、
    P.F.ドラッカーは、次のような言葉を残しています。


    「組織は存続が目的ではなく、社会に対して貢献することが目的である。」


    一つの組織で長く働いていると、
    なぜ自分がそこにいるのか、考えることを忘れてしまっている人がいます。


    ドラッカーは、企業の目的を以下のように示しています。

    1.従業員の幸せを保証する。

    2.本業を通じて顧客のニーズに応える。

    3.社会貢献を果たす。


    特に1番は、従業員の幸せとは何かをよく考えなければ、
    安易に保証などできないでしょう。


    例えば、派遣社員であった人を正社員にすることが、
    必ずしてもその人にとっての幸せとは限りません。

    正社員になることを望んでいる人もいれば、そうでない人もいます。


    また、従業員の望みを叶えることが、幸せと言えるのか考えなければなりません。

    正社員になったことにより、労働時間が増え、家族と触れ合う時間が減り、
    派遣社員の時のほうが良かったと後悔する人もいるのです。


    他にも、

    「一つの組織で長く働くことが、従業員にとっても会社にとっても良いこと」

    という価値観が日本では根強くあるのではないでしょうか?


    一つの組織で長く働くことによる弊害にも目を向けなければなりません。

    どこの組織にも、他の組織で働いた方が
    幸せかもしれない従業員はいるのではないでしょうか?


    マジョリティの価値観を踏まえた上で、個々の価値観を尊重した
    組織づくりをしていくことは、決して簡単ではありません。

    しかし、そこまで意識して初めて「従業員の幸せ」を考えていると言えます。


    いずれにしても、
    「従業員の幸せを保証する」というのは、極めて重い責任が伴います。

    自社を省みると、まだまだ課題が多いですが、企業の目的を果たせるように、
    より良い組織を目指したいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 企業の目的 組織づくり

    褒めることの功罪

    自分の行動や成果に対して、
    上司や仲間から褒めてほしいと思うことは悪いことではありません。

    誰かから認めてもらえれば胸の奥が満たされるし、
    褒められればやる気も出てきます。

    こうしたことを社内で推進するため、
    社員に褒めるトレーニングを受けさせている企業もあります。


    しかし、褒めるという行為には注意が必要です。


    例えば、褒めることで、褒められた人のやる気を下げることがあります。

    もし、あなたが大した成果を上げていないと自覚している場合や、
    それほど努力をしていないと思っている場合に、
    褒められたとしたら、どう思うでしょうか?


    「これぐらいのことで褒められても嬉しくない。」

    「この人(褒めた人)はそれほど自分のことを観ていない。」


    褒められた人の中には、こんな風に感じる人がいるのです。

    また、大きな成果を上げていないにもかかわらず、褒められてしまうと、
    何かを成し遂げたような錯覚に陥ってしまい、
    褒められた人が手を抜いてしまうこともあります。


    その他にも、誰かを褒めることで、
    褒められなかった他の人々への影響を考慮しておく必要があります。


    本田宗一郎氏に関する次のようなエピソードがあります。

    あるとき、彼が工場を訪れると、NSXというスポーツカーの開発に
    携わった数人の技術者の写真が飾ってありました。

    その写真には、「選ばれしものが作ったNSX」と書かれていました。

    彼はその写真を見て、

    「全従業員の写真、食堂のおじさん、トイレ掃除のおばさんの写真はどこにある」

    と激怒したそうです。

    「彼らのおかげで、みんな気持ちよく仕事ができている。」

    「それなのに一部の人だけを写真にして飾る。」

    「選ばれなかった社員たちも、やる気をなくし、不満を言うだろう。
    それが企業では一番怖い。」


    「人間の達人 本田宗一郎」 伊丹敬之 (著)より


    褒めるという行為には、様々な良い効果がありますが、
    決して万能ではないことを留意しておかなければなりません。

    褒めなければ人は育たないとすれば、世の中で活躍している人たちは、誰かに
    褒められ続けた結果であるはずですが、実際に、第一線で活躍している
    人々の中には、若いころは叱られてばかりであったと話している人もいます。


    無理して褒めようとするのではなく、
    相手を認めることを意識してみてはどうでしょうか?

    褒めることは、その対象が主に相手の行為や結果にあります。

    一方、認めることは、その対象が行為や結果だけでなく、プロセスにもあります。


    また、認めるとは、相手を尊重することに他なりません。


    叱るという行為も、相手の存在を認めていて、
    観察してもらえているからこそ、叱ってもらえるのです。

    相手の存在を認めていないのであれば、それは叱るではなく、
    単に怒っているだけでしょう。


    組織の中で、褒める練習をすることは悪いことではありませんが、
    褒めることのデメリットや、何でも褒めればいいわけではないことを
    よく認識しておかなければなりません。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 育成 褒める 叱る

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。