誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 松下幸之助とダム式人材活用

    松下幸之助は、
    「ダムのように水を貯めて、必要な時に出せるようにした経営をすべし」
    というダム経営の重要性について説いていました。

    この言葉を人材に置き換えて考えてみます。

    必要な事業を展開するときに、できれば社内から必要な人材を
    配置できるような経営が望ましいものです。

    もちろん、社外から有用な人材をヘッドハントすることも
    手段の一つではありますが、それは社内に適した人材がいないためです。

    必要なときに必要な人材を活用するためには、ダムに水を貯めるごとく、
    日頃から必要となるであろう人材を育てておかなければいけません。

    それは、いますぐ必要な人材ではないかもしれませんが、
    将来必要となりそうな人材であるならば、今から育てておくべきでしょう。

    さらに言うなら、将来必要となるか現時点では不明であっても、多様な人材を
    育ててプールしておけるといいでしょう。

    現在のように急激な環境変化が起こるビジネス下では、
    現在は必要とされていない人材が、いつ必要になるか分かりません。

    パナソニックのインド市場への再進出は、ある日本人の存在がありました。

    パナソニックが過去にインド市場から撤退した後、もしかすると、
    彼をどう活用すれば良いのか分からなかったのかもしれません。

    ところが、新興国の発展によって、パナソニックがインドへ再進出しようと
    判断したとき、彼は非常に重要な存在となりました。

    パナソニックが松下幸之助の教えを守って、彼をプールしておいたかどうかは
    分かりませんが、必要なときに必要な人材を配置することができたわけです。

    人材育成は、リターンを得るまでに時間がかかります。しかも、お金と違って、
    かけた時間と成長との関係性を数値で予測することが困難な投資です。

    その意味において、育成は博打だと言う方もおります。

    しかし、だからといって、目先のスキルアップのためや、少し利益が出たから、
    助成金が使えるからなどの理由で研修をしているようでは、
    たいしたリターンは得られません。

    ましてや、ダム式人材活用を行えないことは明らかであります。

    市場環境の急速な変化やグローバル市場への展開を見据えた企業にとって、
    人材戦略はますます重視され、かつ難しくなるように思います。

    だからこそ、先を見据えたダム式人材活用を目指す企業が増えて欲しいものです。
    関連記事
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 松下幸之助 ダム経営 育成

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。