誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 被災者の陰に隠れる心のケアが必要な方々

    今回の震災によって、多くの被災者の方が心の傷を負われたと思います。

    現在も、震災関連情報、電力問題、放射性物質による水、農産物への
    影響など、多くのストレス要因が発生しております。

    こうした状況において、被災者の中には、専門家による心のサポートを
    必要とされるケースがあるでしょう。

    震災後の被災者の心のケアについては、多くのHPで紹介されております。

    私もそうした情報を中心に集めたページ(ストレスマネジメントのススメ)を
    作成しました。よろしければ、ご覧ください。


    震災後の被災者の心のケアについては、専門家の方々によって、
    情報提供がなされておりますが、それとは別に、お客様とお話をしていて
    気になることがありました。

    それは、自社の従業員に大きな被害はなかったものの、従業員のご家族や
    親戚の方が亡くなられたというお話を複数のお客様からお聞きしたことです。

    今回のような大規模災害では、被災者だけでなく、被災者の関係者にも
    大きなストレスが降りかかっています。

    さらに、首都圏では、電力不足に起因した通勤困難者の発生、経済活動の停滞、
    放射性物質の飛散などによって、被災者ではなくても、大きな不安を抱え、
    ストレスにさらされている方が多いと思われます。

    従って、従業員の中には、このようなストレスの増加によって、
    メンタルヘルス不全の兆候が発生する可能性があります。

    人事の皆様におかれましては、自社の従業員の心身の健康状況に
    くれぐれもご注意ください。

    職場においては、ご自身の周りに「いつもと様子が違う」方がいないか
    観察をお願いいたします。

    【 いつもと様子が違うとは・・・ 】

    ・遅刻(交通機関の遅延ではない)、体調不良による欠勤や早退が増える

    ・普段ではしないようなミスが頻発する

    ・仕事の能率が明らかに低下している

    ・表情や動作に活気がない(逆に、元気すぎる)

    ・いつもより静か(逆に、にぎやか、よく話す)

    ・服装が乱れている   など


    多くの従業員が大きな不安と共に過ごしている現在のような環境では、
    自分のことで精一杯で、どうしても視野が狭くなりがちです。

    それによって、メンタルヘルス不全の疑いがある従業員が、
    つい見落とされる可能性が高まります。

    新卒者の受入対応や採用活動への対応、人事考課の調整など、人事部門が
    忙しい時期ではありますが、今こそ従業員が相互に支えあう組織を
    目指して欲しいと願います。
    関連記事
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス ストレス 震災

    人が持つ不思議な力

    3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生し、多くの方が被災されました。
    被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々の
    ご冥福を心よりお祈りいたします。
    ------------------------------------------------------------------------

    誰もが信じられないような大きな災害に遭遇しました。

    私は阪神大震災のときに、神戸に住んでおりましたので、
    火の海と化した、あたり一面の光景は今でも忘れることはありません。

    今回のように、大きな災害に遭遇した方にとっては、
    強烈な急性ストレス(突発的なストレス)が降りかかったと思います。

    大きな不幸に見舞われた時、人は心理的に強いショックを受けます。

    ショックは恐怖や未来への不安を生み出し、冷静に
    考えられないようにさえします。


    それでも、決して悪いことばかりではありません。
    震災当時は、辛いこともたくさんありましたが、良いこともありました。

    食べるものに苦労するという経験を味わった結果、
    何でもない食事がこれほどまでに美味しいのかと感激することができました。

    毎日、当たり前のように使っていた水が使えないと、
    こんなにも苦労するのかと思い知らされました。

    配給された水のいらないシャンプーの辛かったこと。

    水を無償で提供してくださる近隣住民の優しさに触れることもできました。

    また、久しぶりに銭湯に入ることができたときの爽快感は、
    何とも言えない喜びでした。


    絶望にくれる時こそ、自ら希望を持って欲しいと思います。
    希望を持つためには、心を元気にする必要があります。

    人の優しさに触れることや、笑うこと、心が前向きになれると
    元気になってくるのは人間に与えられた不思議な力です。

    そして、もう一つ、人間が持つ不思議な力は、「慣れる」ということ。

    どんなに苦しくて、大きな傷を受けても、時間が経過すれば
    慣れることができます。

    もちろん、人によって慣れるまでの長さは異なりますが、誰でも
    立ち直ることができる力を持っています。

    大きな苦痛や悲しみを経験した誰もが、選ぶことができるのです。

    悲しみにくれて、無気力に日々をやり過ごすか。
    自分や大切な人々の未来を信じて、再び立ち上がるか。

    多くの人がきっと立ち上がるでしょう。
    私は、そう信じています。

    立ち上がると決めたのならば、前を向いて行動することができます。
    行動すれば、必ず支援者が現れます。

    人が持つ不思議な力を信じて。
    さあ、前に進みましょう。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 震災 復興

    効果的な職場復帰支援プログラム

    仕事柄、メンタルヘルス対策について、お客様と話す機会があるのですが、
    困っておられる企業は本当に多いですね。

    私はメンタルヘルス対策の中でも、予防教育や職場環境改善という領域で、
    支援をさせていただいておりますが、現在の企業が抱える問題の多くは、
    職場復帰支援が中心であります。

    先日、そうした問題の解決にご尽力されている、メディカルケア虎ノ門
    五十嵐良雄 理事長の講演を拝聴しました。

    メディカルケア虎ノ門では、メンタルヘルス不全による休職者に対して、
    効果の高い復帰支援プログラム(リワークプログラム)を提供されています。


    厚生労働省によると、うつ病や躁うつ病などの気分障害患者数は、
    近年、増加傾向にあります。

    1999年:44.1万人 2002年:71.1万人
    2005年:92.4万人 2008年:104.1万人

    なぜ、これほどまでに増加しているのでしょうか?
    理由は主に2つあるのではないかと思います。

    1.うつ病への認知度が高まり、医療機関への受診がしやすくなった

    医療機関、政府、製薬会社などによって、うつ病の認知度を高める広報が
    展開されています。

    CMや電車の中吊り広告などを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

    これによって、これまでは受診するほどの症状ではなかった人までもが、
    医療機関へ訪れるようになったと考えられます。

    うつ病への認知が高まると、
    落ち込むことが多く、眠りにくい日が続いただけで、

    「もしからしたら、うつかも・・・?」

    と考えようになる人が増えるでしょう。

    早期発見は重要なのですが、病気を過剰に意識しすぎると、自分を
    うつ病であると思い込んで、医療機関を受診するケースが増えるはずです。

    うつ病を含む気分障害は、問診ですから、本人がうつ症状を訴える以上、
    主治医が「あなたは病気ではない」と反論することは、
    かなり難しいのではないかと思います。

    五十嵐理事長によると、実際、自分をうつ病と決め付けて、
    受診するケースが増えているそうです。


    2.治療の難易度が高くなった

    こちらは、五十嵐理事長もお話されておりましたが、従来のうつ病とは
    特徴が異なり、しかもそのタイプが多様化しているそうです。

    そのため、経験豊富な医師でも病気を正しく診断することが困難に
    なっており、誤った診断をすれば、治療方法も誤るわけで、
    一向に病状が快方に向かわないこともあります。

    さらに、これまではメンタルヘルス不全患者に対する治療は、
    投薬と休養であったのですが、これだけでは改善されない患者が
    出てきていることも大きな問題です。


    このように増加傾向にある気分障害患者の職場復帰を支援するプログラムに、
    リワークプログラムと呼ばれるものがあります。

    大手企業を中心に、試し出勤(リハビリ出勤)制度が導入されていますが、
    リワークプログラムでは、専門施設で職場復帰準備に向けた段階的な
    プログラムが用意されています。

    メディカルケア虎ノ門でのリワークプログラムでは、
    患者が、職場での日常生活に適応できるような心身状態を
    “徐々に”つくっていくようなケアをされています。

    そのため、プログラムでは、通院日数や頻度を増やしながら、
    一般的なオフィス環境と類似した部屋で、デスクワークを行います。

    そのほかにも、身体を動かすためのアクティビティや
    グループワークなどのコミュニケーション訓練も用意されています。

    リワーク・カレッジ」という名称で提供されています。

    リワーク・カレッジ


    五十嵐理事長によると、
    患者には、主に2つのことを理解していただくようにしているそうです。

    ・自分の病気を理解すること
    ・休職に至った理由を理解すること

    当然、これらの理解促進のためのコンテンツもプログラムに含まれています。

    患者が、これらを理解することによって、なぜ薬を飲み続けることは
    大切であるか納得できるため、投薬治療も継続されます。

    その結果、症状が改善していくというサイクルを生み出す狙いがあります。

    病気や休職理由も含めて、自分を見つめ直し、ストレス対処の観点から
    他者とのコミュニケーションを強化していくことで、スムーズな職場復帰を
    果たし、再発を防ごうとする。

    これまでにたくさんの方が職場復帰を果たされており、再発率も低下している
    プログラムであるとのことですから、素晴らしいですね。


    五十嵐理事長は、このようなリワークプログラムを提供する
    医療機関を集めた研究会も設立されております。

    全国の医療機関が会員となっていますので、職場復帰支援
    お困りの企業は、是非ご覧ください。

    うつ病リワーク研究会

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メンタルヘルス 組織風土 職場復帰支援 リワークプログラム

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。