誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 簡単に緊張を緩和する方法

    最近、人のプレゼンテーションに立ち会う機会が3度ほどありました。
    聴衆の数も、プレゼンテーマも全て異なるシーンでのこと。

    ただ、この3人に共通していたのは、プレゼン前に
    とても緊張していたこと。

    1人は口がひどく渇いていました。
    また別の1人は、やや挙動不審な状態になっていました。

    見ているこちらまで緊張が伝わってくるほどで、とても辛そうでした。
    そんな状態ですから、この3人のプレゼンは、惨憺たる結果。

    残念ながら、そのプレゼンで何が言いたいのかよく分かりませんでした。
    練習の時のプレゼンの方が、断然良かったのです。

    緊張による過度のストレスが、彼らのパフォーマンスを
    低下させたことは明らかでした。


    プレゼンに限ったことではありませんが、緊張する場面に遭遇した場合、
    あなたは、緊張をほぐすためにどんなことをしていますか?


    私の場合、研修や講演をさせていただく直前は、いつも緊張します。

    緊張すると、呼吸が荒くなって、心臓のドキドキを感じ、
    「あっ、心拍数が上がっているなー」なんて思うわけです。


    そんなとき、私はどうしているか?


    ミントを口に入れます。


    「えっ?」・・・・拍子抜けしましたか?


    研修や講演の前には、必ずミントを食べるようにしているのです。

    ミントを食べると、口の中がスーとしますよね。
    ただ、それだけのことなのですが、私はそれでスッキリするのです。

    それと同時にとても安心します。

    もちろん、誰もがミントを食べれば、
    緊張がほぐれるというわけではありません。


    ポイントは、「いつも変わらず、同じ行動を取ること」です。


    心理学の世界では、いつもと同じ行動を取ることによって、
    心の状態を安定化できると言われています。

    実はプロスポーツ選手の中にも、本番で最も高いパフォーマンスを
    発揮するために、いつもと同じ行動を取って、
    心を安定化させている方々がいます。


    行動は、どんなことでも構いませんが、いつも同じ行動を取るためには、
    できるだけ簡単なことのほうが良いですね。

    極度に緊張したときでも、間違えずにできる行動(行為)が理想的です。
    そういった点では、呼吸という行為もお勧めです。

    緊張した時には、深呼吸をすると良いと言われますが、呼吸を
    整えることは、間違いが起こらない(コントロールできる)行動であり、
    身体の状態を通常に戻すことなので、心を安定化させる効果があります。



    このように、緊張というストレス環境をどのように活用するかによって、
    あなたの仕事の成果は大きく変わります。

    いくらプレゼンスキルを磨いても、緊張をコントロールできなければ、
    磨いたスキルを思うように発揮できません。

    「いつも変わらず、同じ行動を取ること」ができる簡単な行動を
    作ってみましょう。

    行動を決めたら、毎日やってみましょう。
    習慣にできれば、心が安定化する自分に気づくと思います。

    気づきがあれば、是非教えてください!

    最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    上記のようなメルマガが配信されます。

       「パフォーマンス向上!メンタルマネジメント」
                 メルマガ登録はこちらをクリック


    関連記事
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : メルマガ ストレス

    理念を理解するとは

    理念浸透について、何をもって浸透したかを判断することは、
    定量的にはとても難しいものです。

    従業員アンケートなどによって、ある程度の推測は可能ですが、
    結局のところ自己申告の域を出ません。

    例えば、「あなたは理念を理解していますか?」という設問に対して、
    YESと答える従業員の中にも、様々なタイプ(状態)が考えられます。

    今回は、主に3つのタイプについて書きます。

    1.理念として書かれている文章を理解している人

    例えば、お客様第一が理念なら、
    「お客様を大切にすることが一番であると、会社が考えている」ことを
    理解している人のことです。

    このような状態の人は、理念に対して、賛同もしないが、反対もしません。

    自分の仕事との関連性について考えることはあまりなく、
    実践しようとも考えていない状態です。

    これでは、“会社が求めるレベルの人”とは言えないのですが、そもそも
    理念を理解するとは、どういうことかということを共通認識として、
    持っていない企業であれば、こうしたことが当然起こります。

    2.理解しているが、共感していない人

    ・ 会社が言っていることは分かるが、どうもしっくりこない。
    ・ 自分は頑張っているのに、何が問題なのか分からない。
    ・ そもそも、なぜ今さら理念についてうるさく言うのだろうか。
    ・ 理念を理解することとしないことで、仕事に大した影響が出るとは思えない。
    ・ 理念なんて言えなくたって、私はいい仕事をしている。

    企業理念やそれに基づくミッション、価値観などと、自分の職務との関連性や
    理念浸透の意義について納得できていない状態の人を指します。

    理念浸透への取組み意図や想い、熱意などを従業員が
    汲み取ることができなければ、共感を得ることは難しいでしょう。

    また、これまでに築き上げた組織文化やそれを支えている価値観に基づいて、
    企業理念が明文化されていることを理解できなければ、従業員が、
    自らの職務との関連性を考えるには至らないでしょう。

    こうしたことを日常的に考える機会は、非常に少ないものです。

    こういう場合でも、アンケートではYESと答えられます。

    3.理念に基づいて日々の行動を実践している。

    個人の視点、部署の視点、会社の視点など多様な視点で、仕事に
    取り組むことができ、仕事上の判断や行動は、理念に基づいている。

    それが、その人にとって、自然な状態として取り組まれている。

    このような状態の人は、まさに理念の体現者であります。


    このように、一口に理念を理解しているといっても、これだけの幅が
    あるということを忘れてはいけません。

    従って、理念浸透への取り組みを考える際は、自社がどのような状態か。
    さらに、1~3のような状態にある従業員は、いま何を思っているのか。

    こうしたことを、よく調べた上で施策を検討するほうが良いでしょう。

    例えば、アンケート調査は、簡便で効率的でありますが、従業員の生の声と
    いった定性的な情報を拾うことが難しい手段であります。

    一方、インタビュー調査は、定性的な情報を得られますが、非効率で、
    組織規模が大きい場合は、全員の声を集約することは難しくなります。

    それでも、従業員の生の声を拾おうとする姿勢は、理念浸透における
    取り組みにおいて必要なプロセスと考えます。

    「人は何を以って行動するか」について、考えるならば、指示命令や
    理屈だけでは決して上手くいかないことを誰もが知っているからです。

    理念浸透に本気で取り組むのであれば、会社は、従業員と膝を突き合わせて、
    対話することからスタートすべきでしょう。

    それは、会社が従業員に対してメッセージを発信するだけではなく、
    相手(従業員)が会社に対して、何を思い、何を感じているかを
    知ろうとすること。

    理念浸透を進めるのであれば、
    まずはリーダーから理念を体現する姿勢を見せなければなりません。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 理念 体現者 経営者の役割 ビジョン

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。