誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.4

    中小企業のための合同企業説明会の心得シリーズと題して、合同企業説明会に参加する際のポイントをお伝えしております。
    本日は、第四回「むやみに勧誘しない」です。

    【むやみに勧誘しない】

    合同企業説明会でよく見られる風景ですが、企業ブースの通路を目的なくキョロキョロしながら歩いている学生に対して、どうぞどうぞと、懸命に勧誘をしている採用担当者がいます。

    不人気業界の採用担当者の中には、『1分で終わりますから、座っていきませんか?』と、やや自虐的な勧誘をしている方もおります。

    座らせることが目的となっていませんか?

    有料で参加する合同企業説明会の場合、自社のブースに学生が何人座ったかが採用担当者の最大の関心事であり、上司や会社からの評価に繋がる企業もあるようです。

    某就職情報会社主催の合同企業説明会に至っては、運営スタッフが学生を企業ブースへ半ば強引に連れて行くことがあるようです。これもブースに座らせることが主目的になっています。

    学生に何とか座ってもらいたいという採用担当者のお気持ちは分かるのですが、たくさんの学生に自社ブースに来てもらうことは、それほど重要ではないと考えます。

    大して興味もない学生を無理やり座らせたところで、採用担当者の説明を熱心に聞くとは思えませんし、聞いた話も翌日には忘れてしまいます。

    自社ブースでの説明終了後に、次回の会社説明会の参加予約を取ろうとする採用担当者もいますが、たとえその場で予約させることができたとしても、会社説明会に参加する確率は低いでしょう。いわゆるドタキャンされるケースです。

    無理に座らせて得られるメリットは、ないに等しいのではないでしょうか。

    本来の目的は、来場学生に対して自社への興味関心を深めることです。従って、本当に大切なことは、学生の心理状況に合わせた対応であると思います。
    自社ブースに座るまでの心理に至らない学生には、会社案内などを渡す程度に留めておき、説明を受けるために、自主的にブースに来た学生にしっかりと自社理解を促し、興味を持たせるような話をされたほうが、効率的で効果的です。

    自社ブースに座った学生に興味を持たせることができなければ、次回の会社説明会や選考へ参加することは、あまり期待できません。

    通りがかった学生に勧誘すること自体は決して無駄ではありませんが、何とかして座らせることが目的になった時点で、学生への説明は一方的になりますし、手短に終わらそうという採用担当者の意識が働きますので、あまり有意義な時間を過ごせず、結局誰も得することがないという事態に陥りがちです。

    自社ブースに来る学生数が少ないと不安になるかもしれませんが、本来の目的や意識の持ち方を変えることも大切ではないでしょうか。

    関連記事
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 合同企業説明会

    中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.3

    中小企業のための合同企業説明会の心得シリーズと題して、合同企業説明会に参加する際のポイントをお伝えしております。
    前回までは、vol.1「出会いたい学生像を考える」vol.2「パンフレット原稿を工夫する」について書きました。本日は、第三回「興味を惹く空間づくり」です。

    【興味を惹く空間づくり】

    学生が合同企業説明会に参加する理由の一つに、自分に最適な仕事や企業を発見したいという欲求があります。最適な仕事に拘り過ぎると、却って視野を狭めると思うのですが、多くの学生がこのように考えている事実は受け止めなければなりません。

    では、「どんな仕事や企業があなたに最適なのですか?」と質問して、明確に答えられた学生は、ほとんどおりません。就業経験のない学生に、答えさせること自体が無理な質問かもしれませんですが・・・

    一方で、学生が合同企業説明会で訪問する企業ブースの数は減少傾向にあります。そこで、合同企業説明会の主催者が、一定数以上の企業ブースを訪問した学生に、景品や食事などを抽選で提供しているような状態です。

    こういった現状を鑑みると、もともとブースに訪問する学生が少ない中小企業の場合、学生の数ではなく、どのような学生に会いたいかについて、大手企業以上に意識しなければいけません。

    出会いたい学生を引き寄せる魅力的な空間(企業ブース)とは、3つあります。

    1.PRしたい内容がブースを見れば分かる
    2.ロールモデルとなる若手社員を同席させている
    3.ブースに入りやすい雰囲気をつくっている

    1.PRしたい内容がブースを見れば分かる

    例えば、野心を持った学生を採用したいベンチャー企業は、『20代で社長!?』など刺激的なメッセージボードをブース内に数多く、掲げています。福利厚生や社員同士の仲の良さをPRしたい企業は、社内イベントの様子などの画像をポスターサイズにして掲げています。

    ブース内にほとんど何も掲げていない企業を見たことがありましたが、そういうブースには学生は入りくいわけで、結果としてその企業に訪問した学生数は少なくなっていました。

    2.ロールモデルとなる若手社員を同席させている

    会いたい学生像を明確にしている企業は、そのような学生のロールモデルとなるような若手社員をブースに同席させています。このような企業の採用担当者は、意図を持って、同席させる社員を選んでいます。

    企業の採用担当者の中には、その日、連れてきやすかった社員を同席させているケースもあります。どちらが、会いたい学生に会える確率が高いかは言うまでもありません。

    合同企業説明会のメリットの一つに、学生と対面して話ができると、以前のブログに書きましたが、来場学生の誰とでも話せるわけではありません。自社が会いたい学生と話をするためには、彼らをブースに“引き寄せる”必要があります。

    3.ブースに入りやすい雰囲気

    学生は、企業ブースがどのような雰囲気なら入りやすいのでしょうか?

    例えば、
    ・採用担当者あるいは同席の若手社員が明るい印象を与えている。
    ・自社ブースを通りがかる学生に、笑顔で挨拶や話をしている。
    ・採用担当者に熱心さや活気が感じられる。

    小難しい顔をして、黙って座っている採用担当者を見て、学生がこの人に話を聞いてみようとなりにくいことは、想像に難くないでしょう。

    お忙しい中、合同企業説明会に参加されている採用担当者もおられると思いますが、携帯電話でメールのやり取りをしていても、学生はやって来ません。学生が一人も座っていない企業ブースでよく見かける光景です。

    自分の姿が他人からどう見えているかは、なかなか分からないものなのですね。


    合同企業説明会の最中に、他社のブースを観察してみてはいかがでしょうか?デジカメを持参し、他社ブースを撮影している採用担当者もいます。魅力的な企業ブースを観察することによって、自社ブースに活かせる要素を発見できるかもしれません。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 合同企業説明会

    中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.2

    中小企業のための合同企業説明会の心得シリーズです。
    中小企業の採用活動に携わられる方々のお役に立てれば幸いです。

    本日は、第二回 「パンフレット原稿を工夫する」です。

    【パンフレット原稿を工夫する】

    合同企業説明会に来場する学生に配布されるツールのうち、一番最初に渡され、かつ最も目を通すツールは、参加企業一覧が紹介されているパンフレットです。

    近年は、受け身の学生が増えているのでしょうか?
    入場してからの行動パターンが下記のようになる学生が多くなっています。

    1.参加企業パンフレットを読める場所(壁際や休憩スペース)を探す。

    2.パンフレットを読みながら、気になる参加企業にチェックを入れる(長い時間かかります)。

    3.気になる企業のブースを会場地図で探す。

    4.お目当ての企業ブースの手前まで来て、そのブースに座るか悩み、ウロウロする。

    自分が話を聞いてみようと思った企業ブースに、他の学生が座っていなければ躊躇してしまう学生もいます。

    合同企業説明会の開催時期が遅くなればなるほど、こうした行動パターンの学生が増えます。残念ですが、積極性に欠ける学生が増えるようです。


    上記のような行動パターンを考慮すると、知名度の低い中小企業は、パンフレット原稿でいかに学生を惹きつけられるかについて、大手企業以上に考えなければなりません。

    パンフレットに掲載される自社紹介文は文字数が限られていますから、事前に学生に対して自社の魅力を端的に表せるように、魅力抽出をしておくことをお勧めします。

    魅力抽出の方法は、色々ありますが、例えばマッキンゼーによって提唱された7Sというフレームワークを活用してはいかがでしょうか?
    マングローブ社でも、採用活動に役立つ企業の魅力抽出シートを作成しておりますので、
    お問い合わせ(こちらから)いただけましたら無料で差し上げます。

    また、業種についても注意してください。「その他メーカー」など“その他”で紹介されると、学生には何の会社であるのか、よく分かりませんから、その時点でブース訪問の対象外になりかねません。

    前回のブログに書きました、出会いたい学生像を明確にしている場合は、彼らの興味を惹くようなテーマと、自社の魅力とのマッチングについて考え、パンフレット原稿にしてみましょう。

    多くの企業は、わざわざここまでやりませんから、これだけで、他社と差別化できます。
    他社と差別化できるような要素は何もないと考える企業こそ、是非一度、魅力抽出に取り組んでみてください。

    御社にしかない魅力が、必ずありますから。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 採用 合同企業説明会

    中小企業のための合同企業説明会の心得 vol.1

    【出会いたい学生像を考える】

    2010年卒対象の採用活動は、序盤戦を終えようとしておりますが、
    学生の就職観としては「昨年の先輩たちのようにはいかず、厳しくなるのでは」という心理が大きいようで、それを反映するかのように、就職サイトの会員登録数や合同企業説明会の参加者数は、昨年同時期比より増加しております。

    中小企業においては、年明けからの合同企業説明会や大学主催の学内セミナーへ参加されることも多いのではないでしょうか?
    そこで、本日からは『 中小企業のための合同企業説明会の心得 』と題しまして、下記のようなシリーズでお届けしたいと思います。

    1.出会いたい学生像を考える(再確認する)
    2.パンフレット原稿を工夫する
    3.興味を惹く空間づくりを
    4.むやみに勧誘しない
    5.話しすぎに注意
    6.出会った学生の特徴、印象などを控えておく(リマインド効果)


    【出会いたい学生像を考える】
    なぜ合同企業説明会に参加されるのですか?と質問すると、
    「一人でも多くの優秀な学生と出会うためです」と答えられる採用担当者がいます。
    だから、できるだけ多くの回数・場所で学生との接点を持つため、合同企業説明会に参加する。非常によく分かります。

    ~多くの学生と会うことがゴールになっていませんか?~

    私の前職時代の話ですが、合同企業説明会が終了した直後、採用担当者に感想を伺うと、
    「もう少し多くの学生と出会えることを期待していた」
    「今日は、合計○○人と出会えたので昨年より多くて満足です」
    などの声をよく耳にしました。
    確かに、出会えた学生数というのは、採用担当者にとっては大いに気になるものです。

    ですが、もう一度、合同企業説明会に参加する目的を考えていただきたいのです。
    ここで改めて、合同企業説明会のメリットについて考えてみましょう。

    ~合同企業説明会のメリット~

    第一に、学生と対面で話ができます。
    相手(学生)の自社に対する理解状況に応じて、話を進めることができます。
    また、自社の印象を向上させるチャンスが大いにあります。

    第二に、偶然の出会いが期待できます。
    学生の就職活動が、情報誌などの紙媒体からインターネット主流になってからは、
    検索→発見→興味→エントリーという構図が出来上がりました。これによって、偶然の出会いが極端に減少しました。

    合同企業説明会に参加する学生の中には、自分の知らなかった企業に出会いたいと考える人も多いので、これが偶然の出会いを生むチャンスとなります。

    合同企業説明会のメリットを考慮した上で、再度、自社が参加する目的について考えていただきたいと思います。

    本当に出会いたい学生像を明確にしておくことで、1日を終えたときの振り返りにおいて、『あの学生とは、再度コンタクトを取りたい』ということが頭に浮かびます。

    そうすると、
    そのために何をすればよいか?
    どうすれば、再度自社に来てくれるだろうか?
    などについて考えるようになります。

    彼(彼女)は、○○なタイプだったから、こういう話に興味を持つかもしれない。ブース訪問時の会話で、○○○について詳しく知りたいと言っていたから、メールで詳細を説明してみようか?など、色々な対策を考えるようになります。

    本当に会いたいと思わなければ、後の対策(どのようにして再度来社させるか)まで考えることはないでしょう。再度会いたいと思えるかどうかは、学生の優秀さ(採用担当者が優秀であると感じる)に起因するだけではなく、自社が会いたいと考えていた学生像とマッチしていたかどうか、ということにも関係します。

    出会いたい学生像が明確にならない場合は、こう考えてみてはいかがでしょうか。

    『どんな学生なら、また会いたいと思いますか?』

    箇条書きでも良いので、リストアップしてみることをお勧め致します。
    合同企業説明会に参加する前に、会いたい学生像を明確にしておくことによって、次回以降にお伝えする心得にも良い影響を与えることができます。

    真の目的を失うと、出会う学生数ばかりが優先され、自社ブースに来た学生の対応を誤ることもしばしば見受けられます。回転率(自社ブースでの学生の滞留時間)を上げるために、自社説明を端的に実施してしまい、質疑応答もそこそこに、学生を追い出し、後ろで順番を待っている学生達と入れ替えてしまいます。
    『ブース訪問カードを提出していただいた方はエントリー扱いになりますので、忘れずに提出してください』と、大声で叫ぶ採用担当者もいました。

    逆に、待ちぼうけが長くて、ようやく自社ブースに学生が来たかと思うと、必要以上に長々と話をしてしまう採用担当者もいました。そうなると、話を聞いている学生の耳には、途中から話が入ってこないわけで・・・気持ちはお察しするのですが、非常にもったいない。

    合同企業説明会は、1日中立ちっぱなしのケースもあり、非常に疲れますよね。
    出会いたい学生像と、参加目的を明確にしていただき、有意義な合同企業説明会を過ごされることを願っております。
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 採用 合同企業説明会 採用担当者

    異業種交流的?忘年会

    この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請
  • | はてなブックマーク - 異業種交流的?忘年会
  • エンプロイメンタビリティが高い企業

    労働者の雇用され得る能力のことを、エンプロイアビリティ(employability)と言います。

    自社でしか通用しないスキルで雇用されているのではなく、
    他の会社に行っても通用するようなスキルを持っている(市場価値が高い)人材は、
    「エンプロイアビリティ」が高い人材となります。

    一方、企業が労働者を雇用する能力を指して、エンプロイメンタビリティ(employmentability)と言いますが、これは「優秀な人材を自社に引きつける能力」ということであり、自社が魅力的であるかどうかが問われます。

    では、エンプロイメンタビリティが高い企業になるためには、何が必要なのでしょうか?

    社会心理学では、人が組織へ参加する際には、4つの参加誘因があると考えられています。

    1.目標への共感
    会社の理念やビジョンが分かりやすく、共感できること。

    2.活動内容への魅力
    会社の事業や商品の特徴、仕事の醍醐味に魅力を感じること。

    3.構成員への魅力
    共に働く仲間が良い刺激を与え、魅力的であること。

    4.特権への魅力
    報酬、待遇、評価、福利厚生などに魅力を感じること。

    このような因子を考慮すると、魅力的な企業となるには、
    単に給与や待遇を良くするだけでは、不十分であることが分かります。

    また、組織への参加誘因は、人材採用についても適用できます。
    経営者が自社の理念やビジョンを明確にし、どういった会社でありたいのかという想いが
    あって、初めて求める人材像について考えることができるのではないでしょうか。

    近年、若年者のリテンション問題が注目されておりますが、
    企業のエンプロイメンタビリティを高める取り組みが、解決への一助になるかもしれません。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : エンプロイメンタビリティ エンプロイアビリティ 理念

    組織文化、組織風土と業績の関係

    企業の組織文化、組織風土と業績との関係については、過去多くの研究者によって調査されております。
    好調な業績を継続している企業には、企業理念に基づいた強力な組織風土が存在していた、というわけです。

    例えば、テレンス・ディール、アラン・ケネディーは、
    共著 シンボリック・マネジャーにおいて、下記のように述べております。

    「企業内に強力な文化を形成することが、企業の持続的な成功をもたらす。」

    強い組織風土を形成するだけで、必ず企業業績が上がるとは言い切れませんが、組織風土は、企業業績に影響をおよぼす一要因であることは否めません。

    ビジネススピードの変化が激しい昨今だからこそ、様々な環境変化に柔軟に対応できるように、組織風土をデザインしていくことが重要であると考えます。

    ところで、ディールとケネディーによると、
    シンボリック・マネジャーとは、
    「企業の英雄であり、経営理念の体現者であって、その言動すべてが理念そのものであるとみなされる。」
    とのこと。

    シンボリック・マネジャーが多い組織は、強力な組織になれそうですが、問題は、シンボリック・マネジャーや、その候補者をどう育成するかです。

    個々人のビジネススキルやマインドの育成だけでなく、理念を自分のものとし、組織を俯瞰できる人材を育成するという、長期的な育成の視点が求められます。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 組織風土 理念

    就職活動、ここが変だよ!

    内定取り消し就職氷河期へなど、企業の採用抑制に関する報道が飛び交う中、2010卒学生の就職活動に変化が出てきました。

    就職情報会社各社の2010卒対象学生アンケートでは、昨年以上に就職活動が厳しくなると感じている学生が増加しているという結果が出ています。そうした学生マインドを受けてでしょうか。合同企業説明会への来場学生数も、昨年同時期より増加しています。

    一方、中国では就職難が続き、恋人同士で一緒に就職活動をしている学生がいるようです。
    仕事も得たいが、失恋もしたくないとの理由で、企業へ2人セットで採用してくれるようアピールしており、学校も企業も困惑気味。

    日本では、恋人同士セットで売り込む学生の話は聞いたことがありませんが、会社説明会に参加する際、友人同士や恋人同士で来て、隣同士で座りたいと要求する学生がいます。

    また、説明会最中にも関わらず、採用担当者の話を聞かずに、携帯電話でメールのやり取りをしている学生もよく見かけます。

    企業側からすると、そのような言動・態度は非常に目立ちます。
    説明会の参加態度をチェックしている企業もありますから、学生の皆さん、くれぐれも気をつけてくださいね。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : ■就職活動
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 内定取り消し 就職 採用

    魅力的な採用担当者とは

    学生にとって魅力的な採用担当者とは、どんな人でしょうか?
    大きく分けると、3つあると考えます。

    1.聞き上手である
    2.相手の立場になれる
    3.雰囲気作りが上手い

    1.聞き上手である

    採用担当者には、プレゼンテーションスキルが求められるとよく言いますが、私はそれ以上に人の話を聞く力の方が重要であると思います。学生が聞きたいこと、即ち話したいことをしっかりと最後まで聞くことができるかどうか。

    心理学やコーチングには、傾聴という考え方があります。また、デール・カーネギーの名著『人を動かす』でも、相手の話をよく聞く重要性を説いています。

    『また同じ質問か・・・』と思い、学生の話を遮っていませんでしょうか?

    2.相手の立場になれる

    目の前にいる学生が、どんなことを考え、何を思っているか。
    「もし自分がこの学生なら・・・」と想像することで、発言内容や表現方法を工夫するようになります。

    また、学生の不安や疑問を知ろうと心掛けますから、学生にとっては良き相談相手に映る可能性が高くなります。

    3.雰囲気作りが上手い

    会社説明会や面接においては、緊張気味の学生をリラックスさせることが大切であるため、
    魅力的な人事担当者は、学生を和ませたり、笑わせたりするネタを持っています。

    また、第一印象は必ず笑顔で、元気に話します。
    場の雰囲気は、第一印象に大きく左右されるためです。



    昨日、長年お付き合いをさせていただいていた人事担当の方が、アメリカへ転勤をされるということで、ご挨拶に伺いました。その方が、人事部へ異動されてきて、まだ採用のことをあまりご存知ない当初からのお付き合いです。採用に限らず、色々なお話をさせていただいたことを懐かく思いました。

    非常に聡明な方で、ご自身のお考えをしっかりとお持ちになっておられました。
    また、非常に勉強熱心な方で、人事担当者としても、人間としても魅力的な方でした。

    いつでも会えると思っている人と、急に別れるのは寂しいものですが、ご活躍をお祈りしております。
    いってらっしゃい!
    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 採用

    中小企業・ベンチャー企業こそ、新卒採用後の育成に注力すべき

    就職活動がインターネット中心となって久しいですが、最近の学生は「Google世代」などと言われるそうです。
    University College London(UCL)の調査によると、このGoogle世代は検索ツールに依存し、WEB上で手に入れた情報を分析・評価するスキルが欠けている、と発表しています。

    2010年3月卒業予定の就職活動中の学生は、今、「自己分析」「面接対策」などというキーワード検索を頻繁にしています。この時期は、マイナビやリクナビなどの就職サイトの就職活動支援コンテンツのページビューが、非常に高くなっており、学生の関心の高さを知ることができます。

    また、毎年『これで内定獲得!』などという類の書籍が出版されます。

    すぐに答えを欲しがり、手軽に検索をし、あまり考えることなく、情報を鵜呑みにしている学生が多いように思います。

    一方、企業が採用したい学生は、就職活動のノウハウを詰め込んだ学生ではないわけで、2006年の経済産業省の調査では、9割以上の企業が、採用時に社会人基礎力を重視しているとあります。

    経済産業省が発表している12の社会人基礎力を大きく分けると3つの力となります。

    ・前に踏み出す力
    ・考え抜く力
    ・チームで働く力

    確かに社会人基礎力を持ちあわせた学生を採用したいという企業の気持ちは分かるのですが、中小企業、ベンチャー企業にとっては、社会人基礎力が高い学生には、そう簡単に出会えないのが現実です。学生時代から社会人基礎力を鍛えようと、産学連携で取り組み始めたところですから、無理もありません。

    だからこそ採用した後、どのように育成していくかをしっかりと計画する姿勢が必要ではないでしょうか。

    マナー研修も大切ですが、『毎年やっているから』という理由で、新入社員研修にマナー研修を採用されている企業は、改めて自社に求められる新入社員の基礎力について整理してみることをお勧めします。

    関連記事
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 採用 就職 マイナビ リクナビ Google世代 社会人基礎力

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。