誰もがシアワセを感じられる組織を増やしたいと願う筆者が人と組織について考えていること、感じたことなどをまとめています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • | はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • 成果を上げるための目標設定の是非

    世に出回る成功本によると、高い成果をあげるための条件の一つに、
    明確な目標設定というものがあります。

    成功の定義は別にして、より高い成果をあげるためには、目標を作ることが
    推奨されています。

    ところが、目標設定を行うことに反対する方々によると、
    目標を設定することで、自分の行動が縛られるため、却ってやりにくい」と
    いう声が出てきます。

    実際、目標を持っていなくても、周囲の人より成果を上げている人は
    存在しますから、成果を上げるためには、目標を持つことが絶対条件である
    という思い込みには、気をつけなければなりません。

    組織においては、各自の目標を持たせることを強いる場合が多いですが、
    必ずしも、それがベストではないということです。

    目標管理を導入している企業からしてみれば、
    目標設定する人としない人がいると、評価の観点が変わるので、困るでしょう。

    それに企業規模が大きくなれば、効果と効率の観点から最大公約数を
    求めることになりますので、もし目標管理制度を活用するなら、
    全社的に導入することが通常の流れです。

    しかし、小規模企業やベンチャー企業の場合、従業員が少ないことを生かして、
    どのようにすれば、各人の成果をもっと高められるかを
    徹底的に研究したほうが良いのではないでしょうか?

    こう書くと、評価の公平性について懸念されるかもしれませんが、
    評価が公平であることと、従業員に納得感を持ってもらうことは、
    決して、イコールではありません。

    そもそも、絶対的に公平な評価システムは、幻想ではないでしょうか。

    それよりも、従業員が納得感を持ちながら、より高い成果に向けて、
    仕事に取り組んでもらうためには、どうすれば良いかを考える方が
    得策であると思うのです。


    一般的には、公平な評価を目的として、同じものさしを使い、従業員に納得感を
    持たせようとするわけですが、これは納得感を持たせるための一手段に過ぎません。

    業務内容が異なる以上、同じものさしは使えないということを従業員に
    理解・納得させることに注力することも、また別の手段としてあるわけです。

    企業の現場を見ていて感じることは、この説明責任が圧倒的に
    不足しているという現実です。

    従業員の理解・納得を得るために、丁寧に説明することをしないで、
    評価ツールや仕組みをいじくり回していても、本質的な問題は
    解決されないと考えています。


    何が言いたいかというと、
    多くの企業の常識が、自社の非常識であってもいいのではないかということです。

    その意味では、従業員の納得感を高めるために、
    給与の一部をサイコロで決めるような某企業があっていいと思います。

    そのような手段であったとしても、従業員が納得感を持って働けて、
    かつ成果を上げてくれるのであれば、それが企業の求めるところであります。

    あなたの会社の従業員が納得感を持って働けて、
    かつ成果を上げてくれる方法は、他にありませんか?

    目標設定の有無も含め、常識に囚われずに考えていきたいものです。
    スポンサーサイト
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 社長のブログ
    ジャンル : ビジネス

    tag : 目標 目標管理制度 MBO 評価

    目標達成度を向上させる方法 vol.14(完)

    目標達成度を向上させる方法と題して、目標設定、計画立案、実践、記録という
    フェーズごとに大切なポイントを書いております。

    本日も「記録」について書きたいと思います。
    前回は、記録の形式についてお話しました。

    きれいに記録ができたら、是非、この記録を振り返りに使っていただきたいのです。
    記録した内容を振り返るタイミングですが、できれば定期的に設けるようにしましょう。

    日ごと、週ごと、月ごと。
    目標達成までの残留期間に応じて、振り返りのタイミングを調節してください。

    計画立案のフェーズで、振り返るタイミングも組み込んでおくことをお勧めします。

    また、記録した内容を振り返る際には、できたことや上手くいったこともさることながら、
    上手くいかなかったことにも焦点を当てましょう。

    偶然に上手くいくことはあったとしても、偶然に失敗することはありません。
    失敗には必ず何らかの原因があります。
    それを追求することによって、目標達成に向けた大きなヒントを発見する可能性があります。

    問題に焦点を当てて、原因を追求し、改善していく思考をプロブレム・フォーカスといいます。
    これは、既に活用している方も多いのではないでしょうか。

    ただし、失敗の原因を取り除くことができたからといって、成功するとは限らないことも
    認識しておく必要があります。

    そのためには、ありたい姿・望ましい結果から逆算する思考である、
    ソリューション・フォーカスも活用しましょう。

    つまり、目標ないしはマイルストーンの達成には、
    何が必要か?どうすれば良いか?という視点で考えるものです。

    目標達成に向けて、自分が実践したアプローチ以外にも、方法はないだろうか?

    これを考えることによって、目標達成のための選択肢が増える可能性があります。
    そうすると、目標達成の可能性が高い計画に、より近づけるかもしれません。

    そのためには、過去に実践したことの記録内容が大きなヒントになります。
    今まで一度も取り組んだことのない状態で考える達成方法と、
    一度でも取り組んだことがある状態で達成方法を考えるのでは、大きな違いがあります。

    それは、ひとことで言うなら、「経験の力」ではないかと思います。
    「経験の力」をより効果的に発揮するためには、記録していくことが
    大切であると感じています。

    また、過去の記録は、時に自分を奮い立たせるなど、精神的な支援もしてくれます。


    以上、目標達成度を向上させる方法と題して、14回に渡りお届けいたしました。

    あなたの目標達成に少しでも役に立つ情報提供ができていたら、嬉しいのですが・・・
    ご意見・ご感想(こちらからどうぞ)などいただけましたら幸いです。

    このシリーズを書いている途中、多くの方から貴重なご意見をいただきました。
    この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございました。

    このブログは、まだまだ続けていきますので、よろしければ引き続きご覧ください。
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 目標設定 目標達成

    目標達成度を向上させる方法 vol.13

    目標達成度を向上させる方法と題して、目標設定、計画立案、実践、記録という
    フェーズごとに大切なポイントを書いております。

    前回から、「記録」について書いております。

    前回は、なぜ記録することが大切かというお話と、
    求められる記録の内容について書きました。

    記録内容としては、下記3つを意識しましょうとお伝えしました。

    ・自分が実践したこと
    ・一つの仕事に取り組んだ時間(所要時間)
    ・そのとき考えたことや感じたこと

    ただし、この3つはあくまでも目安として捉えていただければ幸いです。

    何を記録しておくと、今後の自分にとってプラスになるのか?
    また、どのような記録が残っていれば、組織に貢献できるのか?

    「何のために記録するのか」、「何を記録すべきか」について自分で考えるということが
    最も大切なことであると思います。

    では、具体的にどのように記録をつければ良いのでしょうか。
    特に、この形式で記録すべき、というものはありませんが、次の点に気をつけられることを
    お勧めします。

    ・見やすいこと
    ・チェックリスト化
    ・細かすぎない評価(%表示、○、×、△など)


    箇条書きにするなど、見やすくしておくことは後々振り返って読むときに楽です。
    分かりにくい、読みにくいことは、ストレスになります。

    先日、ある方のノートを拝見したところ、書いている文字はしっかりと読めたのですが、
    キーワード化された(?)文字が、ぐちゃぐちゃに並んでいました。

    そこで、
    「このページに書いてあることは、どういうことですか?」とお聞きしたところ、

    「分かりません。ただ、大切なことだと思ったので、忘れないように
    書き留めておこうと思ったのです。」と言われました。

    大事だと思ったことでも、仕事の記録でも同じですが、
    事前にどういう形式で記録するかを決めておけば、こんなことにはならないのです。

    この方は、また同じことを繰り返す可能性があると思いましたので、
    記録の取り方が改善されることを願って、東大ノートをプレゼントしてみました。
    どうなるか楽しみです。

    別に、ノートでも手帳でも、PCでも何でも構わないのですが、立案した計画に合わせて、
    実践の有無をリスト化しておくと、チェックをつけるだけなので、楽に記録できます。


    また、以前書いたブログ(目標達成度を向上させる方法 vol.7)で
    計画の進捗状況を把握しておきましょうとお伝えしましたが、感覚で構わないので、
    だいたい目標の何%ぐらいに達しているかについて、定期的に記録しましょう。

    あまり難しく考えすぎる必要はありません。厳密な記録を取ることが目的ではなく、
    達成までの現在地を把握しておくことが目的です。

    そして、振り返ってこの記録を見ると、どの程度の期間(時間)で、どの程度の進捗が
    果たせていたか分かるようになります。

    ただし、記録することにあまり時間をかけすぎないようにしましょう。
    記録することがゴールではありません。
     ※ランキングに参加していますので、応援クリックしていただけると嬉しいです。

    ブログランキング ビジ

ネスブログ100選 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ  

              

    テーマ : 人事・雇用制度
    ジャンル : 就職・お仕事

    tag : 目標設定 目標達成

    関連記事

    Loading


    検索フォーム
    メルマガ登録受付中
    「シアワセソシキへの道」
    より良い組織をつくりたい経営層や人事の方々に向けて、独自の視点から組織づくりについて発信します。

    詳細はこちら
    お問い合わせ
    講演、執筆依頼などはこちらから。 ご意見・ご感想などもお待ちしております。
    メール問い合わせ
    Facebookページ
    全タイトル 一括表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    プロフィール
    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー /ストレスマネジメント サポーター

    株式会社オドックHPはこちら

    岡 晴雄

    Author:岡 晴雄

    人事のお役立ちサイト
    人事支援サービス資料請求で賞品GET!
    よろしければご覧ください
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。